« 政治と金 | トップページ | 意識次第 »

2014年10月21日 (火)

ぶら下がる

ベンチプレス、スクワット、、、筋力アップ目的だけど、垂直方向に圧縮の力が豪快に作用している。勿論、これが原因とは思わないけど、筋トレメニューを増やしてから、身長が15mmは減っている。
加齢のためとも考えられるけど、筋量、骨量から考えると、それ以外の要因、、、やはり、筋トレか?という意識がある。

勿論、筋トレを減らすつもりはない。
で、何始める?と考えて始める事にしたのは、ぶら下がり。
重力や負荷によって垂直方向に掛けまくる力を定期的に抜いてみるには、何が効果的?と考えた結果、ぶら下がる事にしてみた。

で、実際に、バーからぶら下がると、、、、これ、結構しんどい。力を抜いて握力だけで全体重を支える、、、、一回で30秒程度が精々である。24時間の内の30秒、、、、これで効くか?というのが偽らざる感想。但し、ぶら下がるのはいつでも出来るので、取り敢えず、研究所の作業プラットフォームの手すりを利用して日中、暇見て行う事に、、、
しかし、一回30秒程を断片的に行って効果があるとも思えない。

で、次は自宅で何か、、、ぶら下がるための体重を支えるバーの設置は困難だし、ぶら下がり健康器を置く場所もない。あるモノを利用して、、、で、見つけたのが腹筋、背筋ベンチ。このベンチ台の角度は最大の40°にセットしているけど、ベンチ台の脚の一方を高さ50cm程の台の上に載せるとベンチ台の角度は75°近辺になる。完全に逆さまには出来ないけど、これで腹筋台的に脚を引っかけて逆さまになれば結構イイ感じである。
そして、この傾斜アップした腹筋台上での逆さぶら下がりなら握力は不要だから1回10分程度は楽に出来る。

ということで、10/8スタートで、この日中の垂直ぶら下がりを1日数回(一回30秒)と、夜の斜め逆さぶら下がりを1日1~2回(一回10分)を日々の運動メニューに追加してみる事にした。斜め逆さぶら下がりを行うと、肩や首の具合が良い案配で寝付きも早い気がする。まぁ、寝付きについては昔から良かったけど、今は横になったら眼を開けて置く事自体が不可能な感じ。
効果に確信が持てれば、腹筋台を簡単に大きな角度に変更できるようなアタッチメント自体をワンオフ製作してみたい。

|

« 政治と金 | トップページ | 意識次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶら下がる:

« 政治と金 | トップページ | 意識次第 »