« 今昔マップ | トップページ | スイムのプル »

2014年10月15日 (水)

ストレートネック

下を向く姿勢を続けていると、頸椎が真っ直ぐになって6kgの頭を筋肉で支えなければならない。これが肩こり、めまいに繋がる。
下を向く姿勢、それはスマホ症候群なんて最近は呼ばれているけど、スマートホン、パソコンの長期間使用するとなりやすい。パソコンの場合、首が落ちるノートパソコン利用者に多い。

今や、歩行中でもスマホ、、、滅茶苦茶多い。ストレートネックになる人、凄く多そうだ。

そんなストレートネックの治し方。
チェックの方法は、壁に踵、お尻、背中に付けて顎を引く。後頭部が壁に付かなければストレートネック。
治すのは、テニスボールを二つ続けたモノと厚み2~3cmの板(本)を並べて置いて、頸椎と頭蓋骨の窪みの下にボールが来るようにして背中で本を押さえて仰向けで寝る。コツはボールの圧力が斜め上に掛かるように寝る事。起床後、就寝前に1分ずつ行う事で姿勢が改善出来るという。効果は一ヶ月後に現れるそうだ。

|

« 今昔マップ | トップページ | スイムのプル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレートネック:

« 今昔マップ | トップページ | スイムのプル »