« 次期愛車選びのポイント | トップページ | 街行く自転車のギア »

2014年11月 1日 (土)

今の単車

モーターショーの季節、単車の新型を見る。
買う買わないは別として、凄い!って思うのは、Ninja H2だろう。インペラー式S/Cで最高300PS、最高の加速性能を掲げてH2の名を再度使用。H2Rは、H2を水冷化したレーサーの名前だったが、、、

で、現実的に欲しいモデルは別。
KTMのRC390/125、更にカワサキのNinja RR Monoってモデル。何れも軽量なモデルで、トレリスフレーム+シングルエンジンでGP-Mono、Moto1レーサーのレプリカのようなモデル。
走りから言えばRC390だろうけど、コーナー攻めて遊ぶなら125で十分。個人的にはRC125が一押し。但し、外車の維持を考えたらNinja RR Monoも悪くない。250ccというのは不要だけど、維持費的に許容範囲内。これ、KLX250のエンジンを搭載したライトスポーツ、、、、そう、CS250の再来である。因みにCSは34PSで118kgという軽量ハイパワーであり、自身も二台(赤とグレー)購入して遊んでいた。

ということで、技量の範囲で遊べるスポーツバイク、そういうのが欲しい。正直、リッターSSとか600ccスポーツバイクは扱えそうにない。
精々100PS、重量は160kg台のモデルで十分。重くても200kgは不要って感じ。SV650Sあたりが丁度イイし、実際、リッタースポーツと一緒に走って、一般道の峠道では引き離す事はあっても、間違っても付いて行けなかったり、ブッ千切られる事は無いし、そういう記憶もない。
数年前のツーリングでも、峠の下りならマグナム80でさえ十分だったし、、、、そんな印象。

己の技量からいうと、ガンマで手に余る。ツーリング基本ならSVクラスで十二分だし、公道峠ならシングル250cc以下レベルだろう。

|

« 次期愛車選びのポイント | トップページ | 街行く自転車のギア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の単車:

« 次期愛車選びのポイント | トップページ | 街行く自転車のギア »