« リンパ管炎? | トップページ | 極力、ゆっくり »

2014年11月23日 (日)

怪しいメーカー

クランク等の主要部品は、フルサイズのバイクでは、シマノとかカンパといったメーカーの商品を、つい選んでしまう。フルサイズに限らず、割と真面目に走る自転車では、小径車でも、そういう傾向だ。

まぁ、小径車の場合は、名の通ったメーカーでもローエンドなグレードを選ぶ事が多く、間違っても最高級グレードを小径車に入れる事はない。
我が家では、ロードバイク、ピストでは、やはりDURA-ACEをメインに選びたくなる。しかし、スポルティーフとか、小径ロードでは、105~SORAをメインに選ぶ傾向だ。ルイガノMVFではSORA~105だし、オ・モイヨWW号では、カンパ・ミラージュ~シマノ・105程度だ。

しかし、お笑い自転車では、その限りではない。DAHONのカスタムでは、殆ど遊び故に、パーツは、更に落として選ぶ事が多い。特にクランクでは、その傾向が顕著。
そんなクランクでお気に入りなのが、PROWHEELのOUNCEとか、TRUVATIVのTOUROとかが結構お気に入り。今更のスクエアテーパーだけど、全く問題無いし、クランクアームは思いの外軽量だったりする。仕上げは今一かもしれないが、見た目は悪くない。これに、チェーンリングだけ余った国産のアルミ歯を組み合わせれば全然問題無いのだ。

西DAHON号、最初はスタンダードクランクのTRUVATIVのTOUROだったけど、今はコンパクトクランクのPROWHEELのOUNCEを使っている。正直、昔のアームとクランクがカシメだった時代の国産品に較べると遙かにマトモ。十分である。

自転車パーツに限らず、デジカメでも怪しい一品が好きだったりする。ウェア、装備等々に到るまで然りである。機能を自分で満足(納得)出来るレベルならば、案外何でも良い、、、、そういう傾向が、特に最近は強くなってきている。

|

« リンパ管炎? | トップページ | 極力、ゆっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪しいメーカー:

« リンパ管炎? | トップページ | 極力、ゆっくり »