« 久々の降雪 | トップページ | STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? »

2014年12月19日 (金)

お好み焼きの重ね順

二十年以上、週末は自分でお好み焼きを焼いて食っている。
作る順番は、小麦粉、削り粉、天かす、キャベツ、もやし、豚三枚肉を重ねて、その上に小麦粉を豚三枚肉をカバーするように掛けてひっくり返す。ひっくり返している間に、そばを鉄板上で、だし汁を掛けて蒸気で解し、味を整える。その上に、先程ひっくり返した具材を重ねる。
そして、卵を鉄板の上で割って、丸く伸ばした上に、そば面が卵の上に乗るように載せて、そしてひっくり返して出来上がり。

しかし、店によっては、小麦粉の上に焼きそばのせて、キャベツ、もやし、三枚肉を乗せてひっくり返して卵で閉じるってパターンもある様子。

どっちでも良いけど、作り方は様々だ。

|

« 久々の降雪 | トップページ | STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お好み焼きの重ね順:

« 久々の降雪 | トップページ | STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? »