« STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? | トップページ | 背筋 »

2014年12月19日 (金)

これで良いのか?STAP細胞

監視カメラ下で第三者の立ち会いでの単独の実験、期間は三ヶ月、、、そして、理研の中での立場、外に出ての立場を考えると、針のむしろのような状態では無かっただろうか?

そもそも、彼女自体がSTAP細胞論文のストーリーを単独で生み出したとも考えづらい。そうであるならば、その根拠となった事象が再現出来なくとも存在した可能性の方が高い。でたらめな実験記録によって、その再現が出来なかっただけかもしれない。
そのストーリーを想像させる事象があったとしても、小保方氏単独で、ストーリーを作り上げる事は困難だったように思う。

まるで一人に全てを押し付けて、、、、という風にも見える。

研究者として、論文執筆者として、未熟でずさんである程に、そのSTAPストーリーのゴーストライターが居るように思えてならない。

小保方氏のいい加減な実験結果を見た、もっと優秀で、実績を欲する誰かがストーリーを組み上げたようにも伺える。いい加減な実験結果が、ずさんなモノと見抜けない目で見たとすれば、願望的なストーリーを生み出せたのかもしれない。

個人的には、今回の騒動は、小保方氏のランダムな実験結果を、この世界で都合の良いストーリー、仮説を持った人間が見て、都合の良い解釈をして、その解釈に当て嵌まるデータが、小保方氏の実験に見る事が出来ると、本人に伝えた結果、この流れが止まることなく最後の論文にまで到達してしまったように見える。

今となっては、亡くなった人が全ての鍵を握っているよう思うが、こういった背景があったと考える事が一番都合が良いのでは無いだろうか?

笹井氏が、小保方氏の実験データに未来の可能性となる結果を見付けた。これが、発端のように思う。その可能性を示唆する結果が、再現性の欠ける曖昧なモノだったのかもしれないが、それが再現性が保証された手法によって生み出されたと思った思い込み、意識の掛け違いが、今回の問題の原点にあるような印象だ。

恐らく、小保方氏には悪意は無かったのだろう。その背景を想像すると、退職を決断するまでの三ヶ月の処遇は、非常に気の毒な気がする。

若い研究者を支える体制、その発想を実績に昇華させるまえに周りが慎重に取り扱うという配慮に欠けた事が、不幸の原因では無かっただろうか?

自身、研究開発に身を置くために、そんな印象を強く持つ次第だ。

|

« STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? | トップページ | 背筋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで良いのか?STAP細胞:

« STAP細胞論文のストーリーの切っ掛けは何処? | トップページ | 背筋 »