« ヒルクライム | トップページ | 汎用パッチ »

2015年1月 8日 (木)

DHバー

DHバーというとトライアスロンとかTTくらいしか最近では許されない装備となっている。
イメージ的に、咄嗟にブレーキ操作が出来ないから危険とか、そんな理由で怪訝に見られる事が少なくない。

しかし、DHバーを握って漕ぐのが常用って訳ではなく、使うのは殆どの場合、停止の可能性の少ない真っ直ぐな道限定だろう。曲がりくねった道で使う場合は有り得ないし、市街地で使う事も考えられない。それ故に、DHバー自体にブレーキレバーを装着する必要も無い。

個人的には、様々なスチュエーションにおいて楽して走る選択肢を拡げるという意味では、走行速度が比較的高い旅行車ならマストアイテムにするのも在りではないか?という印象である。
例えば、スポルティーフモデルとか、ファーストライディングモデルにはアリのような印象を受ける。さすがに、ランドナー、キャンピングの場合は、フロントに相応のバッグを載せる事があるので、フロントバッグへのアクセスを考えると、その上を塞ぐDHバーなんてデメリットの方が多いかもしれず、不要だろうけど、バッグが小型か装着しないスポルティーフモデルならDHバーはツーリングにおいて遭遇する向かい風等をいなすには最高のツールのように思う。

他には、街道走行用の固定シングルのトラックレーサーにもDHバーは悪くない。走る場所が限定され、尚かつ、単独で走るのであれば、DHバーは利用価値は小さくない。

DHバーとは異なるが、普通のクロスバイク、小径車等でもグリップポジションの選択肢が拡がるのは、状況に応じて楽に乗れるという意味では、マルチポジションバーは、やはり悪くない選択肢である。

まぁ、DHバー、マルチポジションバーというとハンドル自体が大きく、慣性も大きくなるので操縦性には悪影響を及ぼすかもしれないが、自転車では、それよりもポジション選択の自由度が増す方が遙かにメリットが高いように思う。

因みに、DHバーのパイプ径ではφ22.2mmのモノも少なくないが、このホルダーを利用してバー自体を自分好みのアタッチメントバーを自作して使う事も出来る。通常の一般車のハンドルバーをカットして、好みの形状を選び装着するのもアリだろう。コンパクトで好みのバーを実現する事が可能だ。

|

« ヒルクライム | トップページ | 汎用パッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DHバー:

« ヒルクライム | トップページ | 汎用パッチ »