« 週刊○○ | トップページ | 集約への転機か? »

2015年1月27日 (火)

チューブ

最近、ピストでのパンクというと、タイヤの摩耗が相当に進んでトレッドの厚さが非常に薄くなった時に鋭利な小石が貫通して、、、というパンクに限られてきた。
それ故に、タイヤが摩耗してからでないとパンクは起きていない。

しかし、チョイ前は、それなりにパンクしていたように思う。

そんなパンクの原因は二つ。

一つは、バルブの付け根の部分。バルブの付け根の部分のチューブのゴムに亀裂が入って突然パンクというパターン。特に、BBBのチューブで多く発生していた。その後、パナレーサーのチューブに交換してゴム切れは生じなくなった。今は、軽さよりも頑丈さ重視で、ブリヂストンの厚手のチューブを使っている。

もう一つは、チューブとリムの接する側でのパンク。決してリム打ちをするような衝撃を与えるでもなく、リム打ち特有の二個一対の穴とも違う。但し、リム裏のニップル穴の段差による角がいつの間にか尖ってパンクするというパターン。これに対しては、繊維性のリムテープを一度巻いて樹脂製のリムフラップを装着するという対処で対応し、今は、リムあたり側でパンクする事はなくなった。

ただ、細いタイヤに厚めのチューブを入れて、リムフラップも厚めになっているので、タイヤもビードの硬いタイヤでは入れづらいし、チューブも噛み込みやすいので注意が必要。

なお、携帯時のポンプは小型のフットポンプである。通常の手押しのインフレーターでは出先で規定圧力迄入れるのが一苦労だからだ。
さらに、出先での修理の手間を考えると、リスク低減のために、極力頑丈なタイヤを選んでいる。結局、ピストバイク、ロードバイクであっても、軽さ云々よりも頑丈さ云々で選んでいる。

|

« 週刊○○ | トップページ | 集約への転機か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューブ:

« 週刊○○ | トップページ | 集約への転機か? »