« 1/25~1/31の検索ワードピックアップ | トップページ | 金属フレーム車の造形美 »

2015年2月 2日 (月)

自転車の取り締まり強化

 悪質な自転車運転者に対し、安全講習の義務化を盛り込んだ改正道交法の施行令が20日、閣議決定された。施行令は、酒酔い運転や信号無視など14類型の「危険行為」を、3年以内に2回以上、摘発された違反者が講習を受ける。全国での対象者は年間数百人になる見通しとのこと。
因みに、講習手数料は5700円とのこと。勿論、摘発されると罰金を払わされる筈だ。
できれば、運転免許取得者には、減点処置も講ずれば良いと思うが、どうだろうか?

14項目の悪質運転危険行為とは、次の通り
・信号無視
・通行禁止違反
・歩行者専用道での徐行違反など
・通行区分違反
・路側帯の歩行者妨害
・遮断機が下りた踏切への立ち入り
・交差点での優先道路通行車の妨害など
・交差点での右折車優先妨害など
・環状交差点での安全進行義務違反など
・一時停止違反
・歩道での歩行者妨害
・ブレーキのない自転車運転
・酒酔い運転
・携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反

以上だそうだ。まぁ、言ってみれば、歩道暴走、逆走、一時不停止、携帯電話、ノーブレーキピスト、酒酔いを取り締まるということ。
出来れば、、、、、コレに加えて、幅員占拠の並進、無灯火、傘差し運転、車間距離不保持、蛇行禁止も加えて欲しい。

|

« 1/25~1/31の検索ワードピックアップ | トップページ | 金属フレーム車の造形美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の取り締まり強化:

« 1/25~1/31の検索ワードピックアップ | トップページ | 金属フレーム車の造形美 »