« 膝リハビリ2.5ヶ月 | トップページ | 通販商品 »

2015年2月 5日 (木)

ランニング効果

息子を連れてランニングを行い初めて3ヶ月以上経過。
ランニングの目的は、運動会の駆けっこで遅いのを解消したいという希望に対して、日々の練習以外に手立てがない事を言って始めたモノ。

で、1月の終わりといえば、学校の体育授業は持久走があるそうだ。距離はグランド5~10周。
そんな授業のあった日に、帰ってから嬉しそうに報告してきた。
なんでも、クラスで一番か二番で走れた事が嬉しかったようだ。

まぁ、継続は力なりだろう。続ける事が結果に繋がる。
そして、それなりに結果が得られて実感を得た事で、これからもランニングは続けたいそうだ。
因みに、我が家の教育方針、学習塾は不要、勉強の習い事は不要。しかし、それ以外はOK。但し、続けるのは簡単だけど、続けたら、基本的に止めさせない。最低でも10年は続けさせる。よって、親から習えとは言わない。自身から習いたいというモノだけ習わせるパターン。習い事かどうかに限らず、始めたら続けさせるのが大事。

まぁ、ランニングに付き合うのは少々面倒臭いが、自身にとっても膝のリハビリ、それから老後のロコモ対策に繋がるからヨシとしよう。

因みに、標高差100m、一周2kmで設定したコース(1kmで100m上って、1kmで100m下がる平地のないコース)だけど、小学一年生の息子が始めた当初は、2kmを20分だったけど、今は2kmを13~14分で走るようになってきたので体力、走法が身に付いてきたのだろう。因みに、娘の方が最初が16分だったのが今は12分くらい。
自身の場合は、一周か二周しているけど、頑張って9分切れるかどうかのペースが限界。

息子は今年は二年生。恐らく、5年生くらい迄続ければ、逆に付いていけなくなるかもしれない。まぁ、そこまで続くかどうかは判らない。

|

« 膝リハビリ2.5ヶ月 | トップページ | 通販商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランニング効果:

« 膝リハビリ2.5ヶ月 | トップページ | 通販商品 »