« 不完全なトイデジ | トップページ | エスカレート »

2015年2月17日 (火)

万年筆

筆記用具の中で一番疲れずに書けるのは、シャープペンシルでも、ボールペンでもなく、万年筆。
筆圧が殆ど不要で字が書けるのは、とても楽珍である。
最近は、携帯ノートの他に、筆箱の中にも最低二本は入れてある。
難点は、使わない期間が長くなると、インクが乾いてしまう事。しかし、毎日使っている限り、そんな問題は発生しない。

自身、万年筆マニアではないので、安価な万年筆しか使わないけど、万年筆としては、クロスを2本、シェーファーを1本、合計3本を携帯している。
ペン先の太さは、クロスがXF、Fの二種類、シェーファーがFサイズだ。
ペン先の太さを比較するとクロス:F>シェーファー:F>クロス:XFの順。クロスのFサイズはシェーファーのFサイズより結構太く感じる。

クロスはCenturyとATXを使っているけど、ATXの方が持ちやすい。但し、ATXのモデルにはペン先XFが選べない。通常のブランドならFサイズでも十分細く書けるけど、CROSSのFサイズは相当に太い気がする。日常使いならCROSSではXFサイズがベターで、そうなるとCenturyってモデルになる。

ホントは一本で十分だけど、ATXのFが太すぎたので、CenturyのXFを買い増したわけだ。こういうのは、一度試し書きしてから買うのが良い。無駄なお金を使わないためにもそうすべきだ。

|

« 不完全なトイデジ | トップページ | エスカレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆:

« 不完全なトイデジ | トップページ | エスカレート »