« 有酸素運動スポーツと筋肉 | トップページ | 電動アシスト自転車選び »

2015年2月19日 (木)

前方不注意

この言葉が適切かどうかは怪しいが、歩行者、自転車、単車、四輪、、、、何れもについても、進行方向を見ないままに進む人が非常に多い。
歩行者、自転車では、スマホ操作で視野が手元オンリーでの状態。単車での前方不注意は比較的少ない印象だが、四輪ではスマホ操作、車内でのカーナビ操作等々~同乗者とのお喋り等で前方不注意は少なくない。
自転車では、スポーツサイクルで一生懸命漕いでいる人の場合は、目線が真下に落ちている場合が多く、通勤、通学では携帯、スマホ操作が多い様子だ。
なお、単車での前方不注意は、視線の膠着による見落としが多いように思う。

前方を見ない、、、、視線が余所に向いていると、本来は、前を見れば視野角分の前方が確認できるけど、それも無い。言ってみれば、目を瞑っての運転だ。

これでは事故が起きても当然である。

車両運転中で怖いのは、道路を飛び出してくる歩行者、自転車で、何も見ずに飛び出す人。それから自転車で対向してくる人。これで前を見ていないのは、ホントに怖い。対向分は、身構える事ができるけど、真横から突然突進されるのは、心臓に悪すぎる。

スマホなんかは、GPSで座標が移動中は、画面がブラックアウトするようにすれば良いのに、、、、。

|

« 有酸素運動スポーツと筋肉 | トップページ | 電動アシスト自転車選び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/61076635

この記事へのトラックバック一覧です: 前方不注意:

« 有酸素運動スポーツと筋肉 | トップページ | 電動アシスト自転車選び »