« 市長選 | トップページ | 次のマツダは? »

2015年3月25日 (水)

ショートクランクは子ども向け?

幼児車、子供車のクランク長は、138mm、152mmといった短いクランクを使った自転車が多い。
確かに、身長、脚長が大人より短いから理解できる。

ところで、今回、西DAHON用に再調達したのがクランク長152mmのアルミクランクセットだけど、これはパナソニックのトレンクル7500の純正装着品である。

トレンクル7500というのは、軽量小径車ではあるが、子供用では無いのだ。所謂、大人用の自転車である。そうであっても通常の自転車より10%短いクランクセットが使われている。他の折りたたみ自転車、小径車では、クランクセット自体は165~170mmが使われている事を思えば、少々驚きである。

逆に言えば、子供車にあらずともショートクランクは車体によっては成立しうるということなのだろう。因みに、トレンクルの写真を見る限り、決してシート角が寝たクランクフォワードとなっている訳でもない。
サドルハイトとクランク長を考えると、クランク水平で最大の力を入れて漕ぐという考え方であれば、基本的にサドルハイトは変わらない筈だが、このような軽量コンパクトさを追求する自転車でショートクランクを採用している理由を推測すると、ペダル上死点位置とサドルトップの距離を基準で考えると、ショートクランクにすれば結果的にポストも短く出来るし、シートパイプも短く出来るので軽量化に寄与するわけで、もしかしたら、ペダル上死点位置とサドルトップの距離に拘ってのショートクランクの採用なのだろうか?と想像したりする。

仮に、上死点位置でのペダル位置に拘るのであれば、ペダルの漕ぎ方は普通の自転車のように水平位置で目一杯踏むというよりも、上死点から下死点に到る過程で長く踏み続ける事を留意しているようにも伺える。クランク長が短ければ、真上から見た時のペダルの前後変位が小さくなるために、真っ直ぐ踏み下ろしやすいのも、そういう想像を掻き立てる要因だ。

ショートクランクの場合、サドルハイトを抑えて、ペダルを長時間じっくり踏み込むという乗り方が正解なのかもしれない。脚の上下往復運動において脚の負担を最小にするために、ショートクランクが採用されているならば、それを留意した乗り方をして初めて効果が実感出来るのかも知れない。その辺りを留意して、西DAHONで遊んでみよう。

|

« 市長選 | トップページ | 次のマツダは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショートクランクは子ども向け?:

« 市長選 | トップページ | 次のマツダは? »