« ヒロシマとして旧市民球場跡地利用を考えてみる | トップページ | マツダの普通のガソリンエンジン »

2015年6月 4日 (木)

暴走自転車

たけしのTVタックルで、暴走自転車ネタが取り上げられていた。
暴走自転車の特徴。

・歩道で暴走
・信号無視
・逆走
・併走
・携帯、音楽再生機の操作
・無灯火

そんなところだ。まぁ、自転車が何処を走るべきか?車道は走れる空間か?というと部分を考えると仕方ないように思える部分もあるけど、車道走行中は車両信号、歩道走行中は歩行者信号を遵守さえすれば基本は問題無い筈だが、どっちを走行中でも信号無視というのが自転車スタイルなのが問題なのだろう。
この信号無視概念は、歩行者の信号無視が常識という意識で自転車を運転しているからであり、信号無視は自転車はNGだけど、歩行者は容認という現状が原因だろう。

最近は、大小問わないスクーターの信号無視も目に余る。エンジンかけた状態で押せばOKという勘違いオバサン、アンチャンの多い事、、、、エンジンとめて完全に押していればOKだけど、エンジン掛かっていたらアウトなのに、、、

結局、歩行者意識の無法具合が、自転車、スクーターのマナー悪化の原因。自転車、スクーター=歩行者的な概念で捉えているのが原因だろう。

歩行者にもルール遵守させるというか、それが何よりも大切。

他には、軽量スポーツサイクルの暴走を取り上げる場合が多いけど、電動アシスト3人乗り自転車の歩道走行の方が現実は質が悪い。装備重量は自動二輪車並みで、加速は強力、、、、歩道で歩行者に衝突してダメージがデカイのは、軽量なスポーツサイクルよりも重量級な3人乗り電動アシスト、、、、その辺を勘違いしたらダメだ。

歩行者に歩道でベルを鳴らしたらNGなのは理解できるけど、犬の散歩で、リードが数メートルという状態の歩行者には鳴らしてもOKだと思うのは俺だけか?

結構、歩行者も酷いと思うが、、、、。

|

« ヒロシマとして旧市民球場跡地利用を考えてみる | トップページ | マツダの普通のガソリンエンジン »

コメント

自転車の扱いが曖昧になったので、歩道走行前提のような幼児車、三輪自転車、三人乗り自転車といった変な自転車が増えたのも問題を難しくしてそうですね、、、。

赤切符、不起訴なら前科無し、、、そうですよね、起訴しないわけですから、、、しかし、赤切符で必ず不起訴になるとは限らないのも事実で、そうなると講習云々とは別に、しっかり罰金払って前科が付く訳ですね!

自転車の取り締まり14項目では、一時不停止とか道路斜め横断も含まれているので注意しないといけない気がします。一時不停止、、、つい、やらかしそうです。

投稿: 壱源 | 2015年6月 4日 (木) 10時11分

 歩道でなければ、歩行者に警音器を使用するのは問題ないです(自転車歩行者道はNG,自動車のみ禁止された土手上の道路などはOK)。私としては、自転車を歩道に上げることにより、自転車=車両という意識を失わせたことが大きいと思っています。そのつながりで、車道が怖いからと歩道を走るスクーター、左折信号の先にある駐車場へ、信号を待つのが面倒だからと、歩道を走行する軽自動車なんてのもよく見ます。
 昨日つながりで。
 前科は、有罪にならないとつかないと思います。赤切符の場合、裁判で有罪か、簡易手続(?)で罰金を払った場合(有罪と認めたことになる)に前科がつくはず。不起訴なら、何もな方のと同じはずでは?
 今回の改正、実は、「警察関係にお金が落ちるようになった」のが一番大きな変化かと思います。赤切符・不起訴では、警察は、手間がかかるだけで不起訴、もし罰金が入っても国庫に入り警察関係には入らない流れでしたが、「講習」が入ったことで、警察関係(公安委員会・安全協会)に講習料が入ることになるはず。このほかにも、個人特定が大変=>写真つき身分証明書(運転免許証・パスポートなど公的なもの)の所持の推奨=>ゼロ免許証の推奨など、組織拡大につながる事項があるでしょう。

 

投稿: ひでさん | 2015年6月 4日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴走自転車:

« ヒロシマとして旧市民球場跡地利用を考えてみる | トップページ | マツダの普通のガソリンエンジン »