« 自転車競争? | トップページ | ハンドグリッパー »

2015年6月 7日 (日)

タンデム用装備

タンデムというと、学生時代、大学一年の後期~大学三年前期迄、工学部で広島~東広島を同級生とタンデムで通学していたし、当時付き合っていた娘とは殆ど単車移動で何時もタンデムだったので、タンデム走行自体は結構慣れているのだが、後が子供の場合、とっても不安である。何よりしっかり捕まらないので落としてしまいそうな感じなのだ。
それでも、息子とのタンデムライドをGW以来行っている。子供とタンデムが出来るのは、今時の装備があるからだ。
装備としてヘルメットは、在庫処分で買ったOGKのSPEEMAX、SWATTERってモデル。サイズは小さく子供用って感じ。シールドはUVカットのSPEEDMAX用シールドだ。そして、トドメはタンデムGという、脱落防止の補助ベルト。腰と肩掛けからなるもの。上半身を完全に固定出来るモノで、万が一、手を離しても落ちる事は無い優れもの。

コレ無しでタンデムというと、後はしっかり抱き付いていないと危ないけど、このベルトがあれば、抱き付きの手が緩んでも少しなら大丈夫なのだ。

ただ、このタンデムGってベルト、長さをしっかり調整してタイト気味に使わないと意味無いので注意が必要。お腹がキツイくらい、肩掛けもキツイくらいが理想。

このベルト無しでは、団地内近所をぐるっと回るだけでびびっていたようだけど、ベルト装備では遠出を望む様子でチョットビックリである。

まぁ、こういう装備は、絶対に転けない事が極めて重要。頻繁につかったり、日常的に使うのは危ないかも知れない。交通量が多くない休日午後郊外限定のような気もする。

更に、使う事がOKな単車というと、段付きシートのレプリカ系、スポーツバイクはNGだし、タンデムライダーが離れて乗るのが標準的なアメリカン、スクーターにも不向きかもしれない。長めのフラットなシートを持つネイキッドバイク、昔ながらのジャパニーズスタンダード的なバイクが一番向いている。
我が家ではCXが該当。フラットシート+大きな車体で、タンデムライダーによる重量増加率が小さくなるようなモデルが最適だろう。

近年のモデルだと、ゼファー1100、GSX1400、CB1300SF辺りが一番良いかも知れない。

今、丁度単車を買い換えたい時期だけど、タンデムライドはあくまでもオプショナルな遊び方。それ故に、次の愛車候補には入らない。タンデムは当面はCXオンリーだ。

|

« 自転車競争? | トップページ | ハンドグリッパー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タンデム用装備:

« 自転車競争? | トップページ | ハンドグリッパー »