« 腹だけ | トップページ | 何かと話題のライザップ »

2015年6月19日 (金)

カスタム車両

自転車、単車、何れもカスタム車両は嫌いではない。
しかし、しない方が望ましいカスタムというのも存在する。

自転車の場合、部品交換。そもそも、フレーム基準で、好きなパーツを組み込むのが前提故に、カスタム云々という概念は少ないので問題になることはない。カスタムで厭なのは、フレームに不可逆な加工が施されている場合程度だ。

しかし、単車の場合は、フレーム基準で好きなパーツを組み込むというスタイルではない。一応、完成車で販売されているのが生まれのスタイル。これをカスタムするのが基本。

カスタムといっても様々で、好きなカスタム、嫌いなカスタムというのがある。

許せるカスタム、好きなカスタムというと何か?というと、まぁ、大人のカスタムである。機能部品、外装部品に限らず、基本は公道使用において機能低下が著しいのはNGだけど、標準状態の機能が十分に確保されているのなら問題無い。
外装関係なら、カウルマテリアルの変更、スクリーン形状の変更は大歓迎だけど、上を向いたナンバーステー、フェンダーレスキットというのは、どうも好きになれない。
灯火器類は基本はノーマルが理想。ヘッドライト、ウインカー、テールランプ、、、、この辺りは、ノーマルがベスト。ウインカーを社外品の貼り付けタイプに換えるのはNGだ。

機能部品では、ハンドル、バックステップ周りでは、ハンドルはストッパーがしっかりしたノーマルが理想。バックステップはステップバーが可倒式ならOKだけど、固定式は転倒時の事を考えるとNG。リアショックユニットの交換は大歓迎、フロントはスプリング交換はOKだけど、足周りスワップはNG。足周り交換では、ハイト、ジオメトリーでノーマル基準を守るようなホイール交換迄。インチ迄変えたり、スイングアーム、フォーク迄は変えたくないのが希望だ。
ハンドルロック等の処置が今一なのが多いし、交換部位が多岐に影響するとメンテに差し支えるからだ。ブレーキ類はキャリパー系はノーマルが理想だが、マスターシリンダー、レバーの交換はOK。

機関周りでは、キャブ交換はOK、エンジンのカバー類の交換もOK、内部パーツの交換も出所が晃かであれば問題無し。マフラーの交換は、車検対応のマフラーならOKだけど、そうでなければ、スリップオン迄だ。フルエキ交換の爆音仕様は気が引けるのでNGだ。

まぁ、基本はノーマルで、必要なパーツをコツコツ変えるというのが理想。

そういう視点で次期愛車探しをしている。先日、SV1000Sを見に行ったけど、カスタム箇所が多いのは良いけど、ノーマルパーツが無いのが厳しい。爆音マフラー、貼り付けウインカー、固定式B/S、フェンダーレスキットは減点。交換されたフルエキの音は素敵なのは確かだけど、維持する上ではチョイ躊躇するもの。
まぁ、気長に探しましょう。

|

« 腹だけ | トップページ | 何かと話題のライザップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カスタム車両:

« 腹だけ | トップページ | 何かと話題のライザップ »