« 夏の二輪 | トップページ | 過給レスポンス向上 »

2015年8月 5日 (水)

筋活?

NHKで興味深い内容が取り上げられていたので紹介。筋力低下を認識し、お手軽な筋力アップ方法の紹介だ。

先ずは筋肉の衰えチェック。
1.片脚で立ったまま、靴下がはけない。
2.サンダルなどで歩く時につま先がひっかかる。
3.いすから立つ時に、つい机に手を付いてしまう。
これに該当したらヤバイそうだ。

オススメの筋トレが紹介されていた。
最初は、『ニートーチェスト』というもの。腹筋強化の運動で、お尻を付いた状態で上体と脚を畳んで膝小僧と額が触れるまで身体を畳む動作。なお、腕で上体を支えて行う。

次は、『スクワット』。これは、太股強化で、後に置いた椅子に腰掛けるつもりでゆっくりしゃがみ、ゆっくり立ち上がる運動。腰は深く落とすのが大事。

そして、『バックエクステンション』。背筋強化で、うつ伏せ寝の状態から、肩胛骨を寄せるように上体を逸らし上げる。

これらの運動のコツは、ゆっくり行う事。4秒掛けて畳み、4秒かけて伸ばすのが大事だそうだ。

なお、タンパク質の摂取は筋トレ運動後5分というタイミングが効果的なんだそうだ。2時間後摂取に較べると、摂取効率は7%も上回るという。

最近では、肩コリ、むくみ、尻のたるみを効果的に解消する筋トレもあるそうだ。
足のむくみ対策には、脹ら脛を鍛えるのがコツで、片脚立ちで脹ら脛に力を5秒入れるのを3~5回繰り返すだけで効果的だそうだ。
肩凝り対策は、腕立て伏せだけど、肩胛骨を拡げるように行うのが効果的とのこと。鍵は肩胛骨なのだ。四秒で伏せて、四秒で持ち上げる。これを5~10回行うのが良い。
尻のたるみ対策は、片脚立ちで一方の脚を後ろ側でギュッと畳む動作が効果的。左右5回ずつ行うのが効果的とのこと。

最後は、筋トレ要素を取り入れた有酸素運動で、生活習慣病改善には速歩(目一杯の7割)ウォーキングが効果的。速歩3分×5回を毎日行うのが効果的。

最近は、老化防止に筋トレ、、、これが注目を浴びつつあるようだ。

|

« 夏の二輪 | トップページ | 過給レスポンス向上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋活?:

« 夏の二輪 | トップページ | 過給レスポンス向上 »