« 驚異の空き缶 | トップページ | 突然だけど、、、W650が気になる »

2015年8月27日 (木)

ツインエンジン車

個人的にツインエンジン車なら、Vツインに限る。不等感覚爆発、シングル同様のコンパクトなクランク周り、理論振動ゼロ、、、、スポーツツインならVツインでキマリだろう。

それ故に、個人的にはツインではパラツインは余り好きではない、、、、これが本音。

今時は、Vツインと同じ爆発間隔で!ということでTRX850以降、色んなモデルがリリースされている。TDM、MT-07、NC700/750、、、、である。
しかし、、、同じ爆発間隔にするためにバランサーが必須となる270°位相クランクのパラツインを採用するなら素直にVツインだろう!って意識が消えない。

ツインでは、180°クランク、360°クランクの選択肢がある。
180°クランクの場合、左右のシリンダーは上下が逆となる位置関係。爆発間隔は180°-540°の不等間隔爆発となる。一番重たいクランクが重量バランス的には優れ高回転型とされるが、一次偶力振動が発生し、二次振動も発生する。バランサーも必須となる。自身、過去にはZ250FTとGPZ250改305、GS400、GPZ400Sに180°クランクモデルとして乗っていた事があるが、高回転迄回るけど、回転上昇にはフリクション感を伴う質のモノだったように思う。特に高回転を維持した状態では回転の重さを感じていた。不等間隔爆発の体感としては排気音が気持ちよくない音というのが記憶に鮮明だ。
360°クランクというと、ピストンは横並び。回転のバランス的には単気筒と同じであり、一次振動を消すためには、相応の重量無いしはバランサーが必須となるが、排気音は等間隔で一定のリズムの連続音となった排気音が特徴的。自身、HAWK系を複数乗り継いできたし、W3、W800といったモデルにも乗った事がある。個人的には、180°クランクよりも360°クランクのモデルの方が吹け上がりにストレスを感じない印象が強い。特にHAWKⅢでは460ccキットを組んで集合仕様にして乗っていたけど、加速から上の回転域迄スムーズな印象が強い。
パラツインなら、澄んだ連続的で歯切れの良い排気音が楽しめる360°クランクのモデルの方が好み。アイドリング近辺からのスタートダッシュでは360°クランクのモデルの方が活発な印象が強い。
高回転域迄回すなら、180°クランクよりも、270°クランクよりも、、、、Vツインに限る。そんな印象だ。

|

« 驚異の空き缶 | トップページ | 突然だけど、、、W650が気になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツインエンジン車:

« 驚異の空き缶 | トップページ | 突然だけど、、、W650が気になる »