« 自発性趣味が大事 | トップページ | アルベルトe VS アシスタスーパーリチウム »

2015年8月23日 (日)

全身が痛い!線維筋痛症

線維筋痛症、これは全身に激しい痛みが出て、女性30~50代に多い、急に発症し慢性化し、ストレスが影響するという。

線維筋痛症の痛みは、『飛び上がる程』、『ひきつれるよう』、『びりびり電気が走るよう』、『骨が裂けるよう』な痛みで、筋肉・腱・関節・内臓等に起こる。天候や季節で痛みは変化するそうだ。そして、痛みに伴う症状としては、疲労感、起床時の不快感、しびれ・こわばり、うつ、不眠等を呈するそうだ。

原因は脳の異常が原因と考えられている。一般に痛みに対しては、脳が痛みを抑える物質であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドパミン等を分泌するが、その仕組みが上手く働かないのが原因とか、、、原因は、身体的ストレス(けが、病気、事故、過労、手術・出産)と心理社会的ストレス(人間関係、仕事、家族問題、生活上のトラブル)が挙げられる。患者数は200万人、診断・診療は年間1万1千人程度。原因は、治療・診療が診察で明らかにならないからだそうだ。

身体の病状、病変が無いのに痛みがあるかどうか?を注意する事で自己判断の上に診療を受けると良いそうだ。
治療法としては、原因が分かりづらいので投薬では痛みの緩和が主体。神経性疼痛緩和薬(プレガバリン)、抗うつ薬、抗けいれん薬、特別な鎮痛薬、漢方薬がある。これで6割程度の痛みは緩和出来る。薬以外では、ストレス対策(無理せず、筋肉の負担を避ける形で)、有酸素運動(水中運動、ラジオ体操)、行動パターンの見直し(一日中続ける行動を避ける)、理学的療法が有効との事。

受診先としては、日本線維筋痛症学会で探す、診療科としてはリウマチ科・心療内科・整形外科・ペインクリニックが該当するそうだ。

|

« 自発性趣味が大事 | トップページ | アルベルトe VS アシスタスーパーリチウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全身が痛い!線維筋痛症:

« 自発性趣味が大事 | トップページ | アルベルトe VS アシスタスーパーリチウム »