« 圧力系統 | トップページ | 夏の二輪 »

2015年8月 4日 (火)

プリウスユーザー、変わった?

初代、二代目迄のプリウスというと、車自体、ユーザー自体にも好意的な印象があったけど、三代目の現行プリウスというと、あまり好意的な印象が無い。
個人的には、初代のM/C後の後期型プリウスが一番好き。メカニズム的にもパッケージ的にも驚かされたモノ。エンジンとモーターの動力分割機構なんて非常にスマートな印象だった。
二代目は、初代の実験車的な色合いを実用市販車としてまとめた完成形という印象だけど、三代目は普通の車という印象。燃費が良くて、初代、二代目の築いたユーザー像で環境意識が高い人で良い人という印象で売れたように思える。初代、二代目は、環境性能は高いけど実用品としてみれば割高な印象だけど、三代目は寧ろ割安な印象で、これが売れた要因だろう。購入層は、高くてもエコを意識した人というよりも、燃費性能の割りに安価という人で家電を選ぶような感覚で選んだ人のような印象。

実際、三代目のプリウスは売れた台数が多く、色んなユーザーが乗っているのだろうけど、ショッピングモールの駐車場で枠線からのはみ出しもよく見掛けるし、ガラの悪い運転、或いは、センターラインを割って逆走気味な車が結構多い。
自身、路肩で離合待ちしている際に、その狭い道で離合するトラックを追い抜こうとして正面から突っ込んできたのも、シバタが運転する三代目プリウスだ。

どうも、オーナーの運転スタイルは、他人に無頓着で危なっかしい人が多いような気がする。自身、現行、特にM/C後のプリウス見ると、極力近づかないようにしている。

|

« 圧力系統 | トップページ | 夏の二輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリウスユーザー、変わった?:

« 圧力系統 | トップページ | 夏の二輪 »