« 中古車判断基準 | トップページ | 高齢者同士のトラブル »

2015年11月11日 (水)

携帯電話通話料

これがニュースになっていた。一人1ヶ月の利用料が1万円近辺が多いそうだ。
かけ放題通話料+定額データ通信料で、大手では8000円が横並びだという。通話料部分は、従来のガラケーと呼ばれる昔の携帯電話と同様で、増加した分は、定額データ通信料部分だ。
データ通信料が概ね6000円/台である。家族四人で四台あれば、データ通信料は24,000円/月となる。これは非常の高額で、これを問題視しているユーザーが多い。

しかし、データ通信料が発生するのがスマホ利用によるもの。スマホで利用しているデータ通信を生み出す操作は何?
というと、、、、ゲーム、アプリ、ネット検索だろう。果たして、ゲームが必要か?或いは、歩きながらのネット検索が必要か?というと、個人的には不要という気がしないではない。

場所を探して目的地に辿り着く的なメリットを言う人も居るけど、正直、居住地標識と案内標識だけで大抵は事足りる。他に、何か使い道があるか?というと、どうもイメージ出来ないのが個人的な感想。小さい画面で高精細画像、動画を見る優位性も見出せないし、店の検索等を急遽おこなったとしても、特質上リアルタイム性に富んでいるとも思えない。そもそも、外出時は準備しているので、外出時に検索する事は殆ど無い。
ということで、個人的にはスマホの必要性を全く感じていないので、ニュースになるような携帯電話通話料が高額という意識は無いのが現状。今は、家族四人で四台の端末でも5000円以下だ。携帯電話を利用し始めたのは、平成元年頃のIDO端末だったけど、当時較べると格安という印象。

スマホにしても当時に較べればバカ安さけど、通常ガラケーの安価さを知ると、スマホはやはり安くないし、ここ数年内からの利用者にとってはスマホの料金体系は安くないように映るのかもしれない。最近は、端末価格を分割で支払う形で、実質の支払い金額が一台あたり1万円とかになっている場合もある訳で、そうなると台数が増える毎に結構な負担になってそうだ。初期の通話割引期間が過ぎると、特に負担感を大きく感じる人も出るかも知れない。

|

« 中古車判断基準 | トップページ | 高齢者同士のトラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話通話料:

« 中古車判断基準 | トップページ | 高齢者同士のトラブル »