« テレビ | トップページ | ダイエットのリバウンド »

2015年12月15日 (火)

モトグッツィ・ブレヴァ

個人的には、一番好きな単車はモトグッツィだ。一寸前迄は、ルマン、スポルトといったスポーティなモデルが好きだったけど、今はスタンダードツーリングモデルであるブレヴァシリーズが結構好きだ。今はミドルレンジのV7系の人気が高いようだけど、ビンテージスタイル自体はあまり好みでない。
但し、、、モトグッツィを実際に買うか?というと、広島在住という条件から考えると、メンテナンス拠点が皆無であり、現実的にモトグッツィを買う可能性は限りなくゼロに近い。パーツの入手一つでも面倒臭いだろうし、メンテする時、どうすれば?と言う事でも悩みそう。そういう意味で現実はかなり厳しい。

そうであっても、昔から気になるモデルなのは間違い無い。この中で気になるというか好きなのは、一般的には人気があるとは言いがたいシリーズのブレヴァシリーズである。ブレヴァというと750と1100が存在するが、それぞれに異なるモデル。750はスタイルこそ現代的だけど、構成は昔のグッツィそのもの。両持ちスイングアームにダブルクレードルフレーム、ジェネレーターはエンジン前面という構成。出力は35kW、48PS程のモデルとのこと。一方で1100は新世代グッツィの第一弾で、片持ちスイングアーム、Vバンクに移動したジェネレーター、V11以前のグッツィとは互換性は無いモデル。出力は86PSとの事。

理想といえば、1200スポルトも捨てがたいが、交換が制約される触媒付きマフラーがカーボン製でステー部の破損が持病的な問題もあり、ハンドル以外殆ど同じのブレヴァの方が好みだったりする。まぁ、スポルトでもサイレンサーをバンド保持にすれば問題は無いのだが、、、

縦置きOHVエンジン、シャフト駆動というと理想的な構成だが、やはりメンテナンス拠点が思い付かないと言う事で、実際に入手するには勇気が要る存在だ。関東在住なら購入も決断しやすいが、地方だと、こういう時に決断出来ないのが残念。

因みに、自身は縦置きクランクのシャフト駆動車は基本的に好み。今のCXも然りだけど、珍しいところでは、ホンダのST1100も割と好み。縦置きV4シャフト駆動というのは魅力的。まぁ、STの場合は、チョット巨大すぎるのが手に余る感じで実際に買うか?というと、余程な好条件で無い限り厳しい気もする。

そういう意味で考えれば、グッツィのブレヴァシリーズは750ccにしろ1100ccにしろ魅力的だが、どちらかと言えば1100が理想。グッツィならブレヴァの1100、スポルトの1200が候補の最上位で、次いで、古いけどスポルト1100、その次がブレヴァ750って順番だな。

因みにスポルトの1200は殆どブレヴァと一緒で名前的にはブレヴァ1200で良いような気もする。

|

« テレビ | トップページ | ダイエットのリバウンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モトグッツィ・ブレヴァ:

« テレビ | トップページ | ダイエットのリバウンド »