« 最近の中学の授業 | トップページ | ミニカー »

2015年12月 8日 (火)

福祉器具の事故

一番危ないのがセニアカー、電動車椅子だ。これ、4年間で64人が事故で亡くなっているそうだ。
結構危険らしい。段差や勾配でブレーキを掛けると転倒しやすいそうだ。理由は、準歩行者扱いとなるからトレッドが70cmに制限されているので、乗車時に重心が高まるのが問題。
ブレーキが後輪側のモデルは、坂道をバックで下っている時にブレーキを掛けると、後方にひっくり返り後頭部を強打するリスクもあるという。

次が介護ベットで22人が亡くなっている。これは、柵の隙間に四肢や頭が挟まって事故に至るという。

福祉危惧が原因で亡くなる、、、、非常に不幸な話だ。

|

« 最近の中学の授業 | トップページ | ミニカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福祉器具の事故:

« 最近の中学の授業 | トップページ | ミニカー »