« 下町ロケット最終回 | トップページ | サプリ過剰はハイリスク、やっぱり、、、 »

2015年12月23日 (水)

急性胃腸炎?ドキュメント

12月第三週の週末以降、腹の調子が最悪である。急性胃腸炎っぽい状況。症状から上に戻すよりも下に下す傾向だから、胃よりも腸の炎症っぽい症状だ。症状的には急性胃腸炎っぽい。急性胃腸炎の場合、時間が薬で治癒迄3~4日程度を要するという話。病院にいっても点滴くらいしか治療は無いとも言う話なので、取り敢えず、一週間程度は様子見しながら対応する事にした。で、以下がドキュメント。

12/18の金曜日、特に異常無し。

12/19の土曜日、午後に仕出し弁当が出て、それを食べて昼からの講演会に出席。その段階でも異常無し、その夜、夕食を食べる段階で空腹の筈なのに、食事に微妙な違和感を感じる。同日夜、急速に気分が悪化して会話するのも怠くなる。体温を測定すると、いつもより高めの37℃弱を計測。

12/20の日曜日、朝、目を覚ます段階では特に違和感は無いものの、若干、身体が怠い。何時も通りに軽い朝食(フレンチトースト一枚)を食べて、軽い運動してピストで出掛ける予定だったけど、トースト一枚を食べるのが少し苦しい。何故か満腹感?
ピスト走で出掛けるけど、いつものペースとは違う。片道11kmのコースで、往路、復路とも通常状態より3分程長く掛かる。明らかに体調不良。
昼前の買い物では、取り敢えず問題無く活動できるものの、昼食の食欲は湧かず。自分だけ、うどんにするも、うどんを全部食べるのも厳しい状態。やはり、満腹感がある。
昼食後、仮眠を取ると体調が回復したようなので、単車で出掛ける。この間は違和感は特に感じない。
帰宅後、お好み焼きを作って食べる。いつもなら15分程度で食べる量が食べきれず、数回に分けて40分以上を掛けて食べる。
その後、午後9時になると、嘔吐感を感じるも出てこず。明らかに不調である。腹の張りも強烈。

12/21の月曜日、嘔吐感は無いけど、腹の張り、満腹感で食事する気分にならず朝食は抜き。出社するも普通に過ごせず、休眠モード。昼食は弁当を持って行ったので食べると、食べる事は出来るけど、やはり時間が必要。戻す事はない。但し、一段と腹の張りが、、、
夕方になると、今度は腸が活発に動き出しガスが大量に出る。当然、帰宅後の夕食は抜き。夕食抜いても満腹感は継続し、腹の張りもパンパンで食欲は無し。但し、体力的には普通で、何時も通りに運動は実施。夜以降、今度は下痢気味となる。但し、中に何も入れていないので出るのは水ばかりなり。

12/22の火曜日、昨日程の腹の張りはないけど、相変わらず食欲は無し。朝食、昼食は抜きだ。腹の張りが引いたので、昼過ぎから水分を少しずつ補給している。アミノ酸飲料、牛乳を摂取したけど、特に変調は来さない。しかし、空腹感が結構やってきた。
夕食はチャレンジして食ってみた。豚生姜焼き+サラダ+うどん+御飯というパターン。取り敢えず、異常ナシ。
しかし、夜の運動では力が全く入らない。12/21から24時間の絶食状態でエネルギーが完全に底を付いてしまったようだ。明日以降の体調が気になるが、取り敢えず、エネルギー補給が必須のようだ。

|

« 下町ロケット最終回 | トップページ | サプリ過剰はハイリスク、やっぱり、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急性胃腸炎?ドキュメント:

« 下町ロケット最終回 | トップページ | サプリ過剰はハイリスク、やっぱり、、、 »