« 中高年の健康維持に時短を! | トップページ | 異常血圧の傾向 »

2016年3月11日 (金)

松本零士さんの作品

松本零士というと、宇宙戦艦ヤマトで有名になった印象が強い。それ故に、SFコミック作家という印象が強いかも知れない。著作権の件で揉めたとは言え、宇宙戦艦ヤマトを筆頭に、銀河鉄道999、キャプテンハーロック、クィーンエメラルダス、1000年女王、、、その後は、これらの作品のスピンオフ的、或いは、焼き直し、延長版といった漫画が多い。

しかし、実はSFコミック以外の作品を見ると、その対極的な漫画が多い事に気付かされる。
SFコミックに近いというと、戦時モノがあるけど、初期の作品は全く異なるモノ。そして、初期の作品は、大きく二系統に別れているように思う。一つは、昆虫等の他の生き物を擬人化して人間を捉えた作品、もう一つは、四畳半モノと言われている当時の有り触れた日常における人間の願望、内面をとらえた作品だ。

個人的には、どちらかというと、初期の作品の方が面白いような気がする。特に興味深いのは、『四次元世界』という作品で、短編が纏められた一冊。お奨めである。

|

« 中高年の健康維持に時短を! | トップページ | 異常血圧の傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本零士さんの作品:

« 中高年の健康維持に時短を! | トップページ | 異常血圧の傾向 »