« 異常血圧の傾向 | トップページ | 筋トレアップデート »

2016年3月12日 (土)

元気が一番

最近は、メディアで病気の予防、早期発見、健康維持関連の話題が多く取り上げられている。
傾向的に整理すると、生活習慣を整え、筋肉、筋力を維持する事が大事。そして、体型を維持して体調を管理するのが大事ということ。これによって体内環境を維持し、身体機能を維持する事が、病気に強いからだを作るということ。これが怪我や病に対して強い抵抗力を生み出すということ。

早期発見早期治療、、、これはとても重要だが、早期発見して見付かるということは、病の元が育つ、発生する体内環境になっていると言う事でもある。体内環境が異常状態を速やかに解消できる体制を保っていれば、早期発見以前に、発症の切っ掛けが無いはずである。そのために大事なのは何か?というと、やはり異常の芽が出る前に健全を保つ体内システムを有する事だ。

それには、身体的にも精神的にもストレスの無い状態で様々なシステムが機能する状況を維持する事が大事。そう、自然治癒力が高い状態、抵抗性が高い状態を維持する事が重要なのである。

身体の本来の機能を研ぎ澄ますのに最も重要なのは、幼少期から出来る事が高齢となっても出来る状態を保つ事。出来る事を実践し続け、出来なくなる事が無いように保つ事が最重要のように思う。しっかり食べて、しっかり運動する。そして成長期に不要といってもよい飲酒習慣、喫煙習慣を断つ事、、、これが健康維持の秘訣のように思う。

出来る事がずっと出来る状態を保つには、出来なくなってから始めるのでなく、出来る内に出来る事を続ける事を習慣付ける事が最重要だろう。体型が変わる40代以降では、案外出来なくなっている事が増えている。そう考えれば、衰えが顕著でない30代から出来る事を行い続ける習慣を保つ事が大事だろう。

自身はそういう意識で30代から運動を行っているが、続けている運動の能力上限自体は10年以上経過した50代の今、やはり僅かずつ衰えている事は実感している。還暦迄10年を切っているが、ここまでの10年での衰え程度で、この先の10年の衰えも抑える事が出来れば万々歳である。

|

« 異常血圧の傾向 | トップページ | 筋トレアップデート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気が一番:

« 異常血圧の傾向 | トップページ | 筋トレアップデート »