« VWも普通 | トップページ | 企業からアクセス »

2016年3月 9日 (水)

タルタルーガ

タルタルーガというと、TYPE-Sの印象が強い。これの姉妹車であるルイガノのMV-Fを持っているけど、今興味があるのは、TYPE-F、TYPE-Rってセミリカンベントのモデル。そもそも、この形に興味を持ったのは、GIANTのREVIVEってモデルが切っ掛け。TYPE-FとTYPE-Rの大きな違いは、畳めるかどうかの違い。因みに、現在はTYPE-Rは廃盤らしい。

この手のセミリカンベントのモデルに関心があるのは、クランクフォワードの可能性を考える時、シッティングポジションが結構大事という考えに至ったから。自作での改造クランクフォワードバイクではサドルはサドルであり背もたれは無い。サドルというかシート形状が理想となると、本格的なリカンベントだろうけど、本格的なリカンベントは、前輪よりクランクが前方にあり、ペダルは更に前方に伸びる構造。こういう乗車姿勢は現実の使用では、チョットリスキーな印象なのである。前方に蹴りを入れながら漕ぐという姿勢は、歩行者等には大きな威圧感を与えかねないという遠慮してしまうのだ。

ということで、クランク、ペダルは前輪より後方にセットされる方が望ましい。そういうタイプの自転車というとセミリカンベントとなる訳だ。

そんなセミリカンベント、実は多くが廃盤で現在新車で調達可能なのは、タルタルーガのTYPE-Fのみ。TYPE-R系は廃盤、GIANTのREVIVEも廃盤だ。

タルタルーガとREVIVEを比較すると、クロスバイクとママチャリの違いのような印象。較べるとタルタルーガの方が走りそうというのが感想。タルタルーガではTYPE-F、TYPE-Rがあったけど、どうせならフォールディングされる必要は無いのでTYPE-R系の方が好みだ。更に、このTYPE-R系にはサンスターの電アシユニットを装備したTYPE-REなるモデルも在ったようだ。これなら、上りが弱いと言われているリカンベントの弱点も或る程度は解消されているかもしれない。

今の電動アシスト自転車のレギュレーションで駆動部をコンパクトに作り直した、クランクフォワードのセミリカンベントタイプの自転車が登場すれば、是非欲しい気がする。

|

« VWも普通 | トップページ | 企業からアクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タルタルーガ:

« VWも普通 | トップページ | 企業からアクセス »