« これから2ストロークで楽しむなら! | トップページ | 自動点灯 »

2016年4月17日 (日)

腫瘍マーカー

 腫瘍マーカー、血液検査で簡単にがんの可能性がわかるという理解だが、、、、冷静に、簡単な検査で癌が判るってホントだろうか?

 そもそも、腫瘍マーカーとは?を調べると、抗がん剤治療や放射線治療での効果判定、腫瘍マーカーの高いがんの術後の経過観察が目的なんだそうだ。但し、前立腺癌についてはPSA測定は定着度から考えても有効とのこと。

 但し、腫瘍マーカーはがん以外の原因でも上昇する。前立腺癌のPSAについても自転車漕ぎのような外部刺激の影響を受けたり、前立腺肥大によっても影響を受けるし、加齢の影響もある。大腸がんや肺がんなどで上昇するCEAは、加齢や喫煙、糖尿病、慢性肝炎の影響を受けたりするそうだ。
 腫瘍マーカーとは、がん細胞またはがんに対するからだの反応によって作られ、血液や尿、組織などで相対的に増加している物質のこと。つまり、相対的という事なので、本来的に存在するものでもある。

 腫瘍マーカー検査で異常兆候が確認されれば、早い段階で直接観察できる内視鏡検査等を行うのが望ましい。

|

« これから2ストロークで楽しむなら! | トップページ | 自動点灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腫瘍マーカー:

« これから2ストロークで楽しむなら! | トップページ | 自動点灯 »