« この地震は未だ続くかも、、、 | トップページ | プロサク本 »

2016年4月19日 (火)

耐久性重視の車選び

自身の車選び、耐久性重視、信頼性重視である。優れた耐久性というとVW等ドイツ車を挙げる人が少なくないけど、自身の選択肢から真っ先に落選である。

自身の選ぶモデルは、発表からの時間経過が長いモデル、そもそも、モデルライフが長く設定されているモデル、モデルパターンとしては、質実剛健仕様の車だ。軽四ならジムニー、箱バンが最有力。SUVなら昔なら初代~3代目迄のフルフレームシャーシ採用のエスクード、シティユースならば、タクシー、教習車車両としても活躍しているコンフォート系の乗用車、或いは、商用車として定番的な存在のプロボックス/サクシードのようなビジネスバン系のワゴンといったところ。そして、出来ればMT車を選びたい。

この辺りのモデルが該当する。ドイツ車云々よりも、国産ビジネスカー、本格オフローダーというのが耐久性では遙かに勝るという印象。そして、維持費と実用上の無駄の無さを加味すると、国産ビジネスカーに勝る選択肢は考えられない。趣味、遊びの要素を加えればSUV的ユースが可能な本格オフローダーもありだけど、日常使用では、機能は無駄な機能に過ぎない。これまで乗ってきた車も独身時代は、ジムニー系、エスクード系で合計5台、最近の下駄、買い物用途メインでは、ビジネスバンのプロボックスで決まりである。

このような質実剛健な車は、本質的に、その用途においては快適性が高いとも考えている。ビジネスカーは街中での疲れない移動というのが優先事項であり、その意味では乗り心地も悪くないと考えている。更に、積載性という面でも、いろんな複雑な機構よりも、シンプルで自由な使い方が可能な空間というのが一番有り難いという意味では無二だと言える。
耐久性重視、維持費最少という尺度で選べば、この答えが正解だと思う。

まぁ、色んな要素をアレもコレも、、、となると、こういう選択の仕方は有り得ないが、自身は、単車も自転車も用途と絞って選ぶので、選択肢的には極端なモノが少なくない。こういう選択の仕方っていうのも少数派だろう。

多くの人は、著名とされている評論家、雑誌の評判だったり、ヒット商品だったりする。

|

« この地震は未だ続くかも、、、 | トップページ | プロサク本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐久性重視の車選び:

« この地震は未だ続くかも、、、 | トップページ | プロサク本 »