« 単車の賞味期限 | トップページ | 80年代のブームの構成 »

2016年5月17日 (火)

最近の絡み屋は

最近、定例コースを定例ペースで走っている時に、絡んでくると言うか、挑んでくるのは、高校の自転車部員系が多い。
同一人物かどうかしらないが、ここ三ヶ月で、7回遭遇。走る時間帯から考えると、休日の部活への登校中と思われる。

自身は、歩道部分は踏みません。自歩道部分は他の交通を留意して交錯しない条件下では35km/hを上限とします。車道部分は速度無制限で、大抵は40km/h±5km/hで走行します。

高校生の皆さんは、歩道部分でも30km/h以上で走るようです。

この日曜日は、歩道部分を流していたら、後方から猛烈な勢いで追い付いてきたので、思わず道を譲りました。ただ、車道走行になってからは、向かい風でしたが43km/h程で数キロ走行したところ、アッという間に消えてしまいました。

最近、遭遇した高校生全般に言える事ですが、歩道での暴走が酷いです。他のママチャリ、自転車、歩行者がいて、歩道幅員が1m程ですので、歩道走行は控えめにすべきです。

歩道で追い掛けてくる意味が見えません。

車道区間で追い掛けてこれないのなら、追い掛けない方が良いのでは無いでしょうか?

車道区間でしたら、40km/h程度で走っても危険ではありません。

その前の週では、土手上を45km/hで走行し、前方100m先の信号が赤に変わったので、スピードを落としたら、暫くして猛然と追い掛けてきましたが、それも違うような気がします。車道の車列が停止を始める段階で、大きく膨らんで無理して追い掛けるのも、一種の迷惑行為です。

まぁ、高校生と言えば、子供かもしれませんが、やはり、歩道では歩行者、車道では他の車両への配慮が必要です。界隈の自転車部員が以前、飲酒運転の車に殺されて安全運転啓蒙活動をしてましたが、その自転車部員が、このような運転の様では、話になりません。

学校も部員にキチッと指導すべきでしょう。

|

« 単車の賞味期限 | トップページ | 80年代のブームの構成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の絡み屋は:

« 単車の賞味期限 | トップページ | 80年代のブームの構成 »