« 80年代前の二輪市場を80年代世代が回想する。 | トップページ | 右直衝突炎上、、、どっちが悪い? »

2016年5月29日 (日)

レイバックシートポストのパイプ径

BMXに装着しているレイバックシートポストのパイプ径は22.2mmである。これ、オールドBMX用パーツということで、フレームへ差し込む側も22.2mmだけど、22.2mmというサイズは如何にも細い。乗車するとしなりが体感出来る程。
因みに、BMXのシートパイプ内径は25.4mm、、、となると、シートポスト自体は25.4mmのパイプで、サドルヤグラ装着部だけ22.2mmというサイズのものが理想。

しかし、そういうレイバックシートポスト、ベンデッドシートポストの入手は相当に困難っぽい。

実際、レイバックポストを装着してBMXを漕いでみると、思いの外乗り易く、乗り心地が良い。但し、乗り心地が良いからと言って体重を掛けて漕いでいると、いつか破断してしまうのでは?という心配があるのも確かだ。

|

« 80年代前の二輪市場を80年代世代が回想する。 | トップページ | 右直衝突炎上、、、どっちが悪い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイバックシートポストのパイプ径:

« 80年代前の二輪市場を80年代世代が回想する。 | トップページ | 右直衝突炎上、、、どっちが悪い? »