« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »

2016年5月 1日 (日)

ダイエッター向けロードは?

ロードバイクの走行パターン、それは一定の速度に到達したら基本は巡航だ。巡航を阻害する要因というと、信号による停止、向かい風による負荷、山道というパターン。ロードバイクを走る場所というと、基本、街中は無い。向かい風は不可避である。ダイエッターという減量目的の中年のオッサンは何処走る?というと、市内近郊の川沿いとかだ。峠越え、山道、坂道というのは、敢えて向かわない限り遭遇する事は稀。

となると、主に抗うべき負荷は、向かい風である。

そういう条件でどんなロードバイクが有効か?というと、余程な山道を望まない限りは、カーボンロード+高級コンポという軽量バイクは不要だろう。寧ろ、平地で速度が乗った時に突進力とも言える慣性が備わるというと、重量を気にしないクロモリ系の頑丈な自転車で十分である。寧ろ、走行抵抗による失速とか、向かい風による失速等に対しては重量が大きい程速度を失う量が少ないのである。

敢えて留意するならば、走行抵抗の少ない高圧の低抵抗タイヤを摺動性の優れたハブくらいで十分だろう。

平地における加速では空気抵抗が一番の敵であり、重量よりも姿勢が重要である。ポジションが同じであれば重量の差を気にする程は無いだろう。停止頻度が多ければ、その限りではないが、ロードバイクという特質上、それは無視しても良い。

重量が効くのは、連続する登坂路だ。長い山道、勾配の大きな坂道をメインで考えるならば重量に拘るのは大いに有りだが、そういう状況が少ない時に重量に拘りすぎるのも考え物である。平地の向かい風に関しては、間違いなく重量が大きい方が有利であり、何処を走るか?と言う事をよく考える事が大事だ。

|

« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエッター向けロードは?:

« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »