« 回想1983年 | トップページ | バックミラー »

2016年5月22日 (日)

片山自転車のウォーキングバイシクル

日曜のテレビで見て、久々に感動した。
岡山の片山工業って自動車部品を製造する会社で生まれた電動アシスト自転車であるウォーキングバイシクルって製品だ。
基本、サドル無しの自転車だ。動力としては、ダイエットマシンである『ステッパー』と同じ足踏み動作を動力に変換して電動アシストした上で走行するというもの。
目玉は、足踏み動作で踏み面が水平状態を保った上下往復動運動を特殊な形状のアームを駆使して電動アシストユニットであるクランクを駆動させるように動力変換して電動アシストモーターを駆動して走行するというもの。
この足踏みステップを支えるパラレルリンクの形状が重要で、この形状でクランクを回転させているのだ。足踏み運動で歩行を走行に切り換えているのが秀逸である。

片山工業によると開発期間が5年、できたモノが三輪車で三輪ディスクブレーキ付き、そして3段変速という仕様で価格は29万円~というもの。

これ、実家の高齢の親に与えたくなるような一品である。

|

« 回想1983年 | トップページ | バックミラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片山自転車のウォーキングバイシクル:

« 回想1983年 | トップページ | バックミラー »