« 取り敢えず、エキパイ交換 | トップページ | Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ »

2016年5月10日 (火)

探索条件緩和

先日のエキパイの記事にも軽く記載したけど、次期愛車候補の探索条件を緩和した。
そもそもの条件が厳しすぎたのがNGだったのだけど、そんな条件にしたのは、昨年秋にネット通販で登場した車輌に起因している。
因みに、対象車種の生産年度は2002~2008年である。2005年にM/Cが施されているモデル。
当初は全年式で走行距離が特に少ないモノという事で探して貰っていた。
ダメもとで、遠方で販売されている車輌の業販狙いということで待っていたのだけど、どうやら、遠方のショップは業販に対応していないとの事。業販に対応していないのなら仕方ないのである。お願いしているショップから購入したいという意志があるので、通販購入は基本的に考えていないのだ。

因みに、その車輌は2003年式4700km走行というモノ。これが基準だったから、走行キロ数は10000km未満に拘っていたのだけど、半年待っても出物は出ず。それでは多分見付からない。

で、条件を緩和することにした。
走行キロ数も重要だけど、年式も大事ということで、、、、、

2005年以降のM/C後の後期モデルなら15000kmを基準に、各部の程度次第では20000km未満もOKという判断に変更。

2005年以前の前期モデルでもツートーンカラーのモデルなら15000km迄OKとしたい。

なお、前期モデルでモノトーンのモデル、恐らく車体色はシルバー、ブラック、ブルーだろうけど、その場合は10000km迄としたい。

なお、カスタムで走行距離条件を緩和するアップ査定は、エンジンガード、センタースタンド、社外スクリーン辺り。逆にNGポイントは、ノーマルマフラー欠品、ノーマルエアクリ欠品の車輌。それだと、価格的に魅力が無いと厳しい。

個人的な第一希望は、全年式通して低走行車輌だけど、現実的なところでは、後期モデルで20000km未満車輌が嬉しい。これにエンジンガード、センタースタンドが付いていれば23000kmでもOKとしたい。

ということで、店長さん、お願いします。

|

« 取り敢えず、エキパイ交換 | トップページ | Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 探索条件緩和:

« 取り敢えず、エキパイ交換 | トップページ | Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ »