« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »

2016年5月 1日 (日)

お奨めコンパクトクランク

コンパクトクランクというと、定番は50-34Tだろう。稀に48-34Tがある。なお、PCD=110mmのクランクセットならシクロクロス用の組み合わせがあるけど、この場合は48-36T辺りが多く見掛ける。

コンパクトクランクの魅力はインナーに34Tが使える事だ。これで、非常に軽いギア比が得られるのが受けているのだ。

でも、インナーに34Tを望む人が、アウターにスタンダードクランク仕様と同じ様な50Tが必要か?というと、その時点で違和感を感じる。

インナーに34Tが欲しい人にとって丁度良いアウターは?っていうと、44~46T程度で十分だろう。カセットトップ歯数が14Tあたりだと44Tでは物足りないかもしれないが、トップ歯数が13T以下なら全く問題無い。

インナーに34Tを使うならアウター歯数が小さい程、歯数差が小さくなるので変速性能も低下し辛いのでお奨めだ。
よって、お奨めはインナー34Tに見合った歯数差のアウターを選ぶ事。それでもアウタートップは結構な負荷になるので、実質的なデメリットは無いし、使える段数が増える分、メリットばかりだろう。

自身、46-34T、48-34Tという構成で使う自転車もある。勿論、50-34Tの自転車もあるけど、乗り易いのはアウター歯数の小さいクランクセットだ。未だ組み換えていないけど、ステンレスロードの歯数も46-36Tに交換する予定だ。

|

« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お奨めコンパクトクランク:

« 走り方 | トップページ | AV50の電装 »