« アクセス元を解析 | トップページ | 5/8~5/14の検索ワードピックアップ »

2016年5月15日 (日)

スポーツ用自転車の思わぬ事故

政府のインターネットテレビで紹介されていた。
そこでは、高人気のスポーツ用自転車の事故による怪我が紹介されていた。事故では、前輪脱落による転倒事故、サドル脱落による転倒事故で重傷を負う話だ。

事故のパターンが報告されており、興味深いのは整備状態のチェック不足が原因という纏めだ。ヘッドパーツのガタがコラム折損に繋がるとか、サドルクランプの緩みがサドル脱落に繋がるとか、リアメカのブラケットが折れてチェーンのRメカ巻き込みが繋がるとか、、、

それ故に、その辺りの整備がとても大事という話だ。

個人的には重量軽減、走行抵抗低減を目的としたスポーツサイクルを日常の実用に供する事自体が間違いのような気がする。整備頻度を相当に上げないと、ガタツキ、緩みが出やすいのは、想定走行環境よりも過酷な状況で運用されるからであり、想定環境以上の負荷というのは、機械的にも厳しい事が容易に想像出来る。

過酷な使用頻度に併せて頻繁なメンテナンスが出来るという前提がなければ、スポーツサイクルを日常の実用に使う事自体が間違いだろう。

スポーツサイクルを使うなら、それなりの使用環境で使う、、、これが大前提のような気がする。

|

« アクセス元を解析 | トップページ | 5/8~5/14の検索ワードピックアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ用自転車の思わぬ事故:

« アクセス元を解析 | トップページ | 5/8~5/14の検索ワードピックアップ »