« Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ | トップページ | 三菱自工関連、気の毒 »

2016年5月11日 (水)

マスター交換してみると

ガンマのブレーキ、キャリパーにGSX750F用のキャリパーに交換して久しいけど、タッチが不愉快なので、マスターシリンダーをΦ14mmの物に交換してみた。

ストロークが大きくなって、しっかり握らないと効かないけど、タッチと握力に対する制動力は当然ながら大幅に向上。

実際乗ってみた印象は、これはこれで悪くない。

十数年前は見た目で現代的なパーツに拘っていたけど、今は極力ノーマルルックに拘る。

今回のGSX-Fのキャリパーはノーマルキャリパーと見た目は色の違い程度しかないけど、パッド等の互換性は無し。取り付けピンのピッチも違うし、パッドのサイズも違うもの。この違いの理由は判らないけど、車重の大きなモデル用のキャリパーだ。

峠を走る範囲では、これで制動力は十分。コントロール性も良好。しばらく、これで行ってみよう。

|

« Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ | トップページ | 三菱自工関連、気の毒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスター交換してみると:

« Gベクタリングコントロール、初搭載はアクセラ | トップページ | 三菱自工関連、気の毒 »