« デザイン | トップページ | 不整脈 »

2016年6月12日 (日)

泥よけ

最近の自転車の泥よけ、車体のバリエーションが増えたためか、汎用的に取り付ける構造ということで、車輪から離れた位置のショートフェンダーというのばかりである。
フェンダーというと、タイヤにどれだけ密着できるか?、そして、どれだけ多くの外周をカバー出来るか?が、性能の分かれ目である。そう思うと、汎用性重視のタイヤから離れて一部しかカバーしないフェンダーは、フェンダーとしての機能に多くは望めない。

所詮、タイヤサイズなんぞ限られているのだ。20インチ、24インチ、26インチ、27インチに700C程度である。この程度の種類だから、もっとフェンダーとしての機能を失わないようなデザインは無いモノか、、、、、

ボードフェンダーは平面構造で肉厚のアルミであり取り付け部に応力が集中して割れやすいのが欠点だし、形状的にタイヤ断面とはマッチしないデザインで、どうしてもカバーしきれない泥はねが残ってしまう。本所工研のフェンダーはなかなかだけど、実用品として使うには高価すぎるのが難点。

普及しているタイヤサイズ、ホイールサイズは限られているのだから、そのサイズでタイヤの外周の広い範囲をしっかり密にカバー出来る樹脂フェンダーがもう少し選べてもよいような気がする。取り付けは、汎用の吊り金具とステーがあれば、なんとでもなる。
現状、街乗りDAHONでは、廃材ともいえるフェンダーを再生して利用しているが、もう少し選択肢があれば有り難い。

ロードとかピストにフェンダーは不要だけど、サイクリング自転車にはフェンダーが在る方が有り難い。野暮ったくならないフェンダーが選べれば嬉しいのだが、、、、

|

« デザイン | トップページ | 不整脈 »

コメント

これは、凄いですね!
アルミで樹脂をサンドイッチする、、、アルミフェンダーの欠点である割れにかなり有効そうです。

我が家では、嗜好車であるスポルティーフには、本所工研のフェンダーを用いていますが、これは振動に弱いですのですが、デザインが捨てがたいので、これを使ってますが、構造的には、こっちの方が良さそうですね。輪行のための分割構造が不要なら、こっちを選んでみたいです。価格も手ごろですし、、、

良い情報を有り難うございました。

投稿: 壱源 | 2016年6月13日 (月) 08時15分

いま気に入っているフェンダーです。
https://www.riteway-jp.com/pa/curana/curana.html
参考になれば。

投稿: あのこら | 2016年6月12日 (日) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泥よけ:

« デザイン | トップページ | 不整脈 »