« スクランブラー | トップページ | 拘りたい一台 »

2016年6月13日 (月)

バーコン

オールメッキフレームのロード、以前は、DHバーの先端にシフターをセットしていたけど、今はドロップバーのバーエンドにバーエンドコントロールとして設置している。

まぁ、利便性から言えば、今時のデュアルコントロールレバーが最も操作しやすいのは間違い無い。しかし、デュアルコントロールレバーのブレーキレバーのタッチは、如何にもヌルッとした感じで、このブレーキタッチだけは、普通のブレーキレバーのタッチには及ばないように思う。
ただ、普通のブレーキレバーを選ぶと、シフターはダブルレバーかバーコンの選択となる。ダブルレバーでも問題無いけど、デュアルコントロールレバーを使って手元変速に為れると、ハンドルから大きく手を離すのは、やはり、、、、と思ってしまう。

そこで、このロードバイクでは、バーコンを利用することにしてみた。一度握りを離すのには違いないけど、腕を動かす量は極僅かであり、操作性的には、ダブルレバーとデュアルコントロールレバーの中間的な印象。リア側自体はインデックスシフトとなっているのでシフトミスということは無い。フロント側はフリクション固定であり、これはメカの固定位置調整が微調整可能であり、そういう面では、デュアルコントロールレバーよりは異音時調整が楽なのはメリットといえる。

実際の使い心地では、誰かと競走して走るなら、普通のデュアルコントロールレバーだろうけど、ツーリングなら、この選択肢もアリという結論。見た目がクラシカルになるのがお気に入りである。あとは、ロードをスポルティーフ的に使う場合、レバーを横方向にスイングさせる必要がないので、フロントバッグの装着が出来るのもメリットだ。

このメリットを最大限活かすために、今は、日東のM-18パイプキャリア、エアロバーを装着して、更にフロントバッグも装着して日帰りサイクリングに活用できるようにしてある。フロント周りに装備品を増やしても操作可能という点では、バーコンの本領発揮である。

|

« スクランブラー | トップページ | 拘りたい一台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーコン:

« スクランブラー | トップページ | 拘りたい一台 »