« タイヤメンテナンス | トップページ | ミドルSVの変遷 »

2016年6月28日 (火)

CX-EUROのパワーアップ

最近、こんな書き込みが見られる。
なので、一般論を紹介すると、、、
CX-EUROのパワーアップ、一般的に言えば、カム代えて、ポートのバリとって、ハイコンプピストン入れて、、、となるけど、カム無いし、ピストンも無い。ポートのバリとって、、、でもたかが知れている。キャブ交換なら可能性はあるかも知れない。ワイヤー直引きのキャブに交換する方法ならいけるかもしれない。ただし、長めのインシュレーターが必要となるので、キャブ本体を支える何某かの方法が必要。

そんな一般的な方法が通用しないのが、GL・CXの面白いところ。
ではどうする?
駆動力アップが一つの方法として選べる。
駆動力アップには、ギア比の変更だ。ファイナルギアケースの交換だが、GL系には二種類のギアケースがある。ギアケースのタイプによって、ドライブシャフトの固定方法が違うのだ。ユニバーサルジョイントの構造も違う。エンジン側のアウトプットシャフトも違うのである。ギアケースのみの組み掛けでギア比の変更は基本的に不可能である。
ギアケースの交換を行う場合、前提としてエンジンを割ってアウトプットシャフトを組み換える必要がある。そうすればアウトプットシャフトの交換は可能。但し、ギア比を加速重視にすると、選べるホイールはカスタム系のドラムのキャストホイール仕様しか選べない。CX650ターボのホイールを見付けるのは、、、、宝くじ的な確率で困難だし、ターボのホイールはリアディスクなので、スイングアームもターボのものに交換する必要があるが、、、、、CX-EUROのフレームにターボのアルミスイングアームを異色するのは、個人レベルのカスタム、並のレベルのショップでは対応不可能。

次の方法は、エンジンスワップが一案。
一番確実に行えるのは、直結ファンタイプのGL500のエンジン。これなら、電気系統も殆ど同じ。駆動系の取り付けも互換性があるので問題無い。
しかし、電動ファンタイプのCXカスタム系のエンジン、これは、、、、ノーマルの足周りに組み合わせるならエンジンを割ってCX-EUROのアウトプットシャフトに組み換えるか、CXカスタムのエンジンを使うなら、CXカスタム系のアメリカンなスイングアーム、ギアケース、ホイールを異色するしか無い。二種類のギアケースは、取り付けボルトのピッチ、ハブ径が異なるので内部ギアの組み換えは確認していないので、想像だけど、多分、不可能。

それでも行う、、、現物併せで必要なパーツ図面を起こして、旋盤、フライスを駆使してパーツを製作する。そんなパーツを基本的には溶接等の技術を駆使して作り込んでいくのが必要。エンジン周り、リアサス周りでもしかり。因みに、フロント周りをスワップしていく場合も同様。単なる三つ又交換ではコンバートは難しい。適合するベアリングを見繕って、それを取り付けて、適切なジオメトリーとなるようなアダプターを製作し、それに併せたハンドルストッパー等の新設が必要だったりする。

CX-EUROのパワーアップ、以上を承知で、後は現物併せで対応する気になれば、可能と言えば可能。

|

« タイヤメンテナンス | トップページ | ミドルSVの変遷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CX-EUROのパワーアップ:

« タイヤメンテナンス | トップページ | ミドルSVの変遷 »