« 特許運用は? | トップページ | 製造業の本分 »

2016年6月25日 (土)

安全衛生上、どうなん?

工場の作業員クン、プライベートで足首の腱を断裂したとかで、両松葉杖+ギブス、、、そして、ギブスの足は地面に付いたらいけないそうだ、、、

で、彼に任す仕事は、基本、肉体労働である。型に原料を仕込み、処置後に原料が材料に変化した後に、型をばらして取り出すという仕事。

必要なのは、型の運搬、原料の装填、材料の取り出し、それから掃除、、、、と言う能力。

で、両松葉杖では仕事は基本的にNGである。両松葉杖で出来る仕事だけでも、、、という話があるけど、作業場というと松葉杖で移動出来るようにはなっていない。

作業場故に、汚れもあるし、モノの落下も有り得るのだ。

となると、、、安全衛生上、足が付いたらいけない身体で、安全靴も履けないで作業するというのは、如何に、本人が有給休暇を使いたくないとか、残業手当が稼げないとかいっても、勤務されるのは、万が一の事態を考えると、個人的には凄い迷惑な話である。

やんわり言っても、どうやら理解出来ない様子、、、、、、、総務に聞くと、、、、本人が出勤したいという希望を止めるのは難しいとか、、、でも、現業作業不能な状態で仕事なんて、有り得ないんだが、、、、

総務の考え方も糞だが、会社の安全衛生員もしている本人の考え方も糞だ。

そんな糞な考え方しかできないのは、やっぱり、安全認識の欠如が原因かも、、、。

原則論に基づけば、安全装備、防具が身に着けれないのに、そういう作業をするのはNGだ。

|

« 特許運用は? | トップページ | 製造業の本分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全衛生上、どうなん?:

« 特許運用は? | トップページ | 製造業の本分 »