« 位相クランクパラツインを選ばない理由 | トップページ | 世界最速の自転車 »

2016年7月 8日 (金)

カスタム車両の末路

四輪ではカスタムといっても既製品のポン付け、交換レベルだから問題無いし、自転車なんてカスタムの定義が曖昧だから問題無い。

ただ、二輪のカスタムというと、施され方が結構広い範囲に及ぶ。マフラー、ステップ、外装交換レベルから、火入れを伴うフレーム、足周りの変更、機関の大幅な変更迄様々だ。
特に、長く乗っていると、色々な不満が発生したり、純正パーツの調達が困難になる等して、結構、元の状態から懸け離れる事がある。

実際、二輪のカスタム車両を見ると、比較的普通なモノから、見た目的にも過激なカスタムも少なくない。見た目が過激でも中身的に大幅に変更が施されるモノも少なくない。

そんな大幅変更な『改』だが、、、、この改、基本的に製作者以外に渡すのは基本NGだと考えている。
今時は、大幅な(部品交換のレベルを超えた)カスタムが市場で取引されている例もあるけど、それって危ない、、、、そんな印象である。最近多いのは、足周り改だけど、流用改での足周り変更で目に付くのは、カチ上げ、長めのスイングアーム、頑丈そうな倒立フォーク、、、、それに伴う、ホイール、ブレーキの変更、、、、、まぁ、ブレーキの変更迄は現状復帰は簡単だから気にしないけど、足周りの交換では、一線を越えたモノも少なくない。
個人の行うカスタムも、ショップ製作に負けず劣らず過激なモノを見る事も少なくない。

ただ、こういう激しい『改』は、あくまでも作り手が楽しむ範囲に留めるべき、、、個人的には、そう思う。カスタム度合が加速するにつれて、パーツの構成が不明瞭となり、メンテナンスにおけるパーツの交換に不都合が生じたり、或いは、激しい流用の果てに、致命的な問題を抱えていたり、或いは、個人レベルの知識の範囲で行ったワンオフパーツが実用に対する信頼性と安全性を確保せず、リスクを内包していたり、、、そう言う事が無いとは言い切れない。

ということで、そういう激しい『改』というのは、作り手の目の届く範囲でのみ使われるべきものであり、それを目の届かない所へ、譲渡、販売するのは、個人的には非常に無責任な気がするのである。

我が家では、ガンマ、ARレベルならノーマル扱いといえるけど、CXはもはやCXとは言えない。そんなモノは、やはり第三者に譲渡、販売というのは考えられないのである。
まぁ、構成部品を解体して、部分売却はあり得るけど、第三者が乗り出せる形での譲渡は有り得ないのである。

CXの場合、未だ個人的には綺麗だし、機関自体は調子悪くないけど、エンジン部の変更に伴うセルモーター負担がスタータークラッチにダメージを与え気味であり、そろそろ乗り換えという判断をしている。多少、寂しい気もするし、勿体ない気もするけど、二台置いておく余裕は無い。
で、CXは引退という判断だけど、引退させて他に譲渡という事は基本的に考えていない。カスタム度が結構な状態故に、やはり引導を渡すのも自分の使命と考えている。

|

« 位相クランクパラツインを選ばない理由 | トップページ | 世界最速の自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カスタム車両の末路:

« 位相クランクパラツインを選ばない理由 | トップページ | 世界最速の自転車 »