« 昔のエンジン | トップページ | デジタルメーター »

2016年7月 6日 (水)

空気圧

自転車、単車、車、全てに言える事。空気圧、これ適正値を入れるのが大事。
パンパンなら良い!と言うモノではない。
タイヤに応じた適正空気圧で乗るのが正しい。
例えば、ママチャリのような自転車に高圧を入れるとビードが割れてタイヤが変形したりする。こういう自転車をロード乗りのセカンドチャリで良く見ることがある。
空気圧を高めると確かに走行抵抗は減るかも知れないが、走行抵抗が小さい状態を望むなら、タイヤ、リムから選択しないとダメだ。

車等では、適切な空気圧が乗り心地、グリップに重要な役割を担っている。変形することで密着力を高める、、、そういうモノである。

低抵抗を望むなら、それに応じた全体の構成が必要。乗り心地を望むでも、同じだ。

タイヤだけで過度に空気圧を振らすのはNGだ。

コンフォートタイヤに高圧を入れると、乗り心地が悪化して、グリップ力も悪化、そしてタイヤにダメージが掛かる事も、、、高圧タイヤがエア不足だと、リム打ちでパンクしたり、、、そんな状態となるので、注意が必要だ。まぁ、当然のことだが、、、。

|

« 昔のエンジン | トップページ | デジタルメーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空気圧:

« 昔のエンジン | トップページ | デジタルメーター »