« 2016年上期バイクトレーニング | トップページ | 大腿骨骨折回想 »

2016年7月 1日 (金)

カスタムポイント

単車のカスタム、何処がOKで、何がNGか?
これは、まぁ、人それぞれだが、自分の場合はどうだろうか?
基本的に最も許せないカスタムは、ジオメトリー、ディメンションが大幅に変化するような足周りの交換だ。これは以前も記事にしたことがあるけど、キャスター、トレール、ハイト、オフセットが変わるフロント周りも、垂れ角、ホイールベース、サスペンションの取り付けが変化するようなリア周りの変更も基本はNGである。容認するカスタムというと、純正のバリエーション違いの範疇で選ぶグレードアップ、タイヤハイトを保った状態での軽量化、チェーンラインを変更させない範囲でのサイズ変更、、、その程度だ。
足周りの変更でアリと判断するのは、オイルの番手変更、ステアリングダンパーの追加、ショックユニットの対象を守った上での変更程度だ。

外装はどうか?外装の変更については、割と容認傾向だ。外装の変更というのは機能に影響する要素が無いという理由もあるが、ノーマルの分厚いABS外装を軽量なFRP外装に交換するのは大いにアリと判断している。但し、フェンダーレス、ナンバー上向き改はNGだ。

エンジン周りは如何に?というと、足周り変更のような拒絶反応は示さない。寧ろ、アリという気分。吸排気系の変更は基本OKだと思う。但し、吸気系変更でもエアフィルターは絶対必要という判断。ファンネルとか直キャブというのは公道利用ではNG。排気系については、直管爆音でなければOKという判断。

ポジションについては、ディメンション、ジオメトリーを守るという前提から言えば、基本となるポジションからの微調整範囲に限りOKという判断。体型に合わせたハンドル位置の微調整、ステップポジションの微調整という範囲に限りOKという判断。カテゴリーを飛び越すようなハンドル変更等は、生理的に受け入れられない。

大きく言えば、車種毎のキャラクターの立ち位置を守った上でのグレードアップ、スープアップは大いに賛成する反面、車種の本来のキャラを抹殺するような大幅な変更というのは受け入れられないパターン。単車に求めるのが操縦性という部分を重視している手前、その操縦性が大幅に変わる事が明白な、シャーシに素人が手を加えるのは絶対NGである。

エンジンのパワーアップ、車体の軽量化、ポジションの修正、、、、これが自身のカスタム容認範囲だ。まぁ、言ってみれば車種が生まれ持っているキャラクターを活かす物ならOKということ。

個人的に一番嫌いなのが、貴重な空冷Z系、或いは忍者系に見られる90年代モデルのスクラップパーツを流用してゴテゴテにカスタムした流用改。あれだけは、頂けない。貴重なモデルを全部ゴミにしているようにしか見えない。勿体なすぎ。足周り変えるなら、J系の足周りを流用するとか、ハヤシのキャストとか、ダイドーのH型アルミリムに組み換えるとか、そういうのが好み。間違ってもGSX-RとかFZRとか、、そんなカスタムは個人的には最悪という印象だ。まぁ、カスタム自体は個人の好みだから、オーナーが好きならばAS YOU LIKEだけど、、、自身は絶対に行わないカスタムであるのは間違いない。

|

« 2016年上期バイクトレーニング | トップページ | 大腿骨骨折回想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カスタムポイント:

« 2016年上期バイクトレーニング | トップページ | 大腿骨骨折回想 »