« 思い出のXZ400D | トップページ | 眠気 »

2016年7月 9日 (土)

世界最速の自転車

先日、NHKの凄ワザで世界最速の自転車を作る特集が紹介されていた。
実際、この大会があるそうで、最速の自転車は人力のみで約130km/hを記録するという。
因みに、世界記録は133km/hだそうだ。

で、その大会の強豪チームであるオランダチームを招き、凄ワザチームと競うというもの

実際には、テストコースで96km/hを記録するというものだったけど、超低床フレームのリカンベントでフルカウル構造の自転車である。通常のリカンベントの腰の位置は車輪のアクスルより上だけど、作られた自転車は地面すれすれである。前後車輪の高さの間に身体が収まるような構造だ。幅は非常にタイトでカウルも空力性能を追求したデザイン。因みに、カウルは東レのカーボンのようだ。

これを見ると、リカンベントの自転車の速さが驚異的ということが判る。

速いということは、効率的ということ、その効率の高さが何か?その中で利用できそうなものが見付かれば、利用できるモノは利用したい。

|

« 思い出のXZ400D | トップページ | 眠気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界最速の自転車:

« 思い出のXZ400D | トップページ | 眠気 »