« 朝はサイクリスト、昼はライダー | トップページ | 世代を分析する »

2016年8月30日 (火)

RX-?は、、、

先日、次期RE搭載のRX-9?は、800万円、、、そんな怪しい記事を見掛けた。
各社のフラッグシップ、例えば、ホンダNSXなら2370万円、ニッサンGT-Rニスモなら1870万200円とか、景気の良い値付けが為されている。過去にはレクサスのLFAが3750万円、単車ならRC213V-Sの2190万円とか、強烈な価格設定が増えてきたので、安い?って勘違いしそうだけど、、、、決して安くない。

思い起こせば、SA22C型RX-7は170万円クラス、ターボが付いても220万円クラス、FC3S型RX-7で250万円クラス、FD3S型で340万円クラスである。FD3Sでも高価になったという印象が強かったけど、果たしてマツダのスポーツカーが800万円は容認されるのだろうか?

フラッグシップの役割を担うかもしれないけど、基本はスポーツカー狙いだろう。売れなければ話にならない。ハイメカニズムてんこ盛りで800万円とか、、、、それは一寸違うような気がする。
物価等々を踏まえれば、当時と同じ価格帯で、、、という訳にはいかないのは理解出来る。しかし、現行ロードスターの値付けもやはり高すぎる気がする。現行ロードスター、儲けも大事かもしれないが、今の価格より少なくとも40万円は低く値付けるべきだったように思う。
現行のマツダのラインナップを見渡すと、マツダ626、カペラをルーツとするマツダ6、アテンザは、何と400万円である。でも、仮にRX-9が800万円というと、その倍だ。

やはり、FD3S型の価格、ブランドラインナップの価格分布から考えると800万円は行き過ぎのように思う。どんなに高くても500万円未満で抑えて欲しいし、もっと言えば、現行ロードスターをクーペ化してスキンチェンジして軽量化を推し進め、このライトボディに軽量REで300万円台の方が、ユーザーニーズに合致するような気もする。

正直、REは好きだけど、スポーツというより、REレンジエクステンダーのデミオで良いのでは無いだろうか、、、、

スポーツカーが市場の中で受け入れられる時代は、そんなに長く続かないような気がするなぁ、、、

|

« 朝はサイクリスト、昼はライダー | トップページ | 世代を分析する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX-?は、、、:

« 朝はサイクリスト、昼はライダー | トップページ | 世代を分析する »