« 体型確認 | トップページ | 程良い遣れ具合の容認可否は? »

2016年8月 6日 (土)

電動キックボード、JZOOMを見て

キックボードで電動だそうだ。
これ、重さが10.7kg、走行距離が30km、最高速度が30km/h、、、、非常に便利そうだけど、、、スペックから判断すると、公道での利用はNGっぽい。公道での運用となると、原付と同じ扱いだから、相応の保安基準を満たす装備が必須だが、そうなってくると、キックボードの機動性は確保出来ない訳だ。

まぁ、電動キックボード云々の前に、キックボード自体を公道で使うことが全機種許されるとは限らない。中には遊具扱いの物もあり、それは公道で移動に使うのはNGだろう。それ以外のキックボードを公道で使う場合、自転車と同じ軽車両扱いとなるから、公道で使う場合には前後にブレーキが無いとNGだろう。

では、前後輪ブレーキを装備した自転車的キックボードが、電動自走可能となったら原付扱いとなるけど、これが電動アシスト的な動力補助が可能ならばどうなるか?というと、そうなれば電動アシスト自転車の一種に為りうる訳だ。

キックボードの電動アシスト化というと、、、、蹴る力を検出して、その二倍をアシストするという構造が可能なら出来そう。そういうのを作ることができれば、案外大ヒットしたりして、、、、。調べてみると、プジョーのe-Kick、FlyKly Smart Pedとか、そんな電動アシストキックスケーターが発表されている。

ただ、キックボードを遊具か軽車両か?の扱いはグレーな状態、ここを明確化する必要がありそう。改めて考えると、キックボードというのは、折り畳み自転車以上にコンパクトで機動的のようにも見える。脚漕ぎ式折り畳み自転車というカテゴリーで、遊具のキックボードとは差別化して折り畳み自転車以上の機動性(折り畳んだ時のコンパクトさ、折り畳みやすさ)を売りにして商品化すれば、案外、都市部で売れるかも知れない。その上で、キックによる人力をアシストする仕組みが普及すれば、面白そうだ。

|

« 体型確認 | トップページ | 程良い遣れ具合の容認可否は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動キックボード、JZOOMを見て:

« 体型確認 | トップページ | 程良い遣れ具合の容認可否は? »