« タイヤ | トップページ | サンデードライバー »

2016年8月10日 (水)

樹脂パーツ

最近の自転車部品、至る所が樹脂パーツである。リフレクター、ベルといった小物の筐体、取り付けベルトから、フェンダー類はもはや常識である。最近は、キャリアでも樹脂製の製品も少なく無い。更に、ペダルのボディなんかも樹脂製だったりする。

樹脂パーツというと、基本はカバー類で力が掛からない場所に適応というイメージが強かったけど、今は、少々の力が掛かる場所でもお構いなしに使われている。

ペダルでは、スピンドルを支えるボディ、足を支えるプラットフォーム部といった局部というよりも全てプラスチック製というのも少なく無い。

但し、樹脂部品は局部荷重で変形したり、摩耗したりする。大きな力を受ける軸受部が樹脂というのも頂けないし、滑り止め成形された樹脂の凹凸部も摩耗すればツルツルになるので、やはり頂けない。

確かに樹脂パーツは大量生産が可能で、安価に製作できるかもしれないが、採用すべき箇所は、もう少し配慮しても良いのでは?というのが個人的な感想だ。

色んな樹脂パーツを目にするけど、ペダルが樹脂というのは基本的に反対。後は、キャリアが樹脂というのも賛同しかねる存在だ。

更に、樹脂化でも良いような部品にリフレクター類があるけど、チョットビンテージっぽく仕上げたい時は、樹脂製リフレクターは使いたくない。

|

« タイヤ | トップページ | サンデードライバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹脂パーツ:

« タイヤ | トップページ | サンデードライバー »