« 下りコーナーリング | トップページ | 折り畳み自転車の調整機構 »

2016年8月27日 (土)

第一印象

さて、競り落としたBT1100ですが、、、取り敢えず、個人商店のショップなので、お代は先に纏めて払いました。
で、現車を見た第一印象ですが、、、、、

正直な話をすると、おもったより小さく、迫力に欠けるというのが第一印象です。
結構、小さなバイクというのが予想外の感想です。

そして、このモデル、自身のモデルに比較すると高年式で2005年式ですが、、、、冷静に考えると、11年落ちの中古です。

そうです。11年落ちです。

過去の単車ライフで思い起こすと、、、、
SV650Sを購入したのが2003年ですが、その11年前というと1992年です。1992年式というとバンディッドとかでしょうが、思えば、考えられない位に古い骨董品扱いです。

1993年に調達したのがCX-EUROですが、11年落ちというと1982年製、、、正に、当時のCXと同じ年数が経過しているということです。当時、CXを見た印象、、、、これは、土に帰る寸前のスクラップだな、、、という印象です。その時の印象と比較すれば、、、案外、そんなもんのような気もします。

自分の好きなレプリカバイクでたとえれば、、、1994年、NSR250Rプロアームが登場した時に、初代の1983年製RG250ガンマを買うようなものですね、、、

自身が単車を買い換えていた頃、11年落ちの車両の程度というと、結構酷いモノが多かったですが、そこまでではないにしても、案外、それに近いのかもしれません。

ということで、程度はそれなりのような印象です。

印象を悪化させた他の理由、、、、それは、前オーナーの糞みたいなカスタムというかメンテというか、、、考えられません。
多分、オートバイを知らない人間が乗っていたのでしょう。こういう変更は、個人的には絶対的に許せないモノ、、、そんな印象です。これは、第一印象を悪くする最大の要因のようにも見えます。

ということで、第一印象は決して良くありません。思ったよりちっこい。程度は、ソコソコながら、改編箇所が目も当てられない、、、、

もしかしたら、、、チョット乗って、直ぐ他に行くかもしれません。そんな印象です。

|

« 下りコーナーリング | トップページ | 折り畳み自転車の調整機構 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一印象:

« 下りコーナーリング | トップページ | 折り畳み自転車の調整機構 »