« 自転車道整備、可能? | トップページ | 腕時計 »

2016年8月26日 (金)

ライディングポジション

ホースバックライディングのような、のけぞったポジションでも無ければ、基本的にはどんなバイクでも楽しく走れるけど、アベレージが上がる程、前輪の荷重を確保しやすい前傾ポジションの方が走りやすくなる。
アップハンドルで昔のAMAスーパーバイク的なポジションでも、走れないことはないけど、走りやすいのはセパハン+バックステップなレーサーポジションだ。

勿論、ポジションだけ移植というものでなく、出来れば、生まれた時のポジションがそうなっているようなのが理想だ。

ガンマとかSVのようなセパハン仕様のポジションでは、腰を動かしてのライディングも非常に簡単。意識することなくハイペースを作って走ることが出来る。
しかし、一方でCXのようなアップライトなポジションでは、普通に走る分には何の不満も無いけど、アベレージを上げて荷重移動を積極的に行おうとすれば、やはり、遅れが出るし、一歩も二歩もイメージよりも動きが遅れる。イメージ通りに動かそうと思えば、逆に疲れたりする。

前傾ポジションで身体を自在に動かす事を望めば、前傾に見合った位置のハンドル位置、それに見合ったアップステップポジションが必要。そして、左右に旋回する際に必須なのが、タンクを抱えて肘でタンクを抱えるのに丁度良いタンクとシートのハイト差が必要となる。通常のネイキッドモデルでハンドルだけとか、ハンドルステップの交換を行えば、まぁ、ポジションが作れる事もあるけど、生まれた状態で、そういう仕様のバイクと較べると、何某か物足りないポイントが残るのも事実である。過度に拘って、ポジション全部を作り替えるくらいなら、その単車を選ぶ意味が無くなるので、どんなモデルを選ぶにしろ、そのモデルのポジションの先に見える走り方が、自分の狙う走り方に一致しているといことが重要だ。

自身が単車を選ぶ時、ポジションの微調整を行うことは有り得るけど、ポジションを全く作り替えるようなカスタムは基本的に行わない。元々アップハンドルなモデルなら、せいぜい、セミアップとかコンチハンとかのレベル。セパハンのモデルなら、垂れ角を変える程度に留める事が多い。

70年代の旧車ベースに過激な足周りにバリバリのセパハン+バックステップという過激なポジションを組み合わせたカスタム等を見ることも多いけど、個人的な好みから言えば、自身では絶対に行わないカスタムと言える。まぁ、これは時代を飛び越えた足周りの移植を嫌う部分と繋がる要素。モデルが生まれ持って与えられたキャラクターを出来るだけ活かして楽しみたいという欲求があるからだ。まぁ、ここでも時代なり、モノなりのキャラを大事にしたいという思いがある。

一般にカスタムといえば、エンジン周りのカスタムに注目が集まりがちだけど、足周り、ポジションというのは基本中の基本で守るべき重要なポイントといえる。これこそが、各モデルの重要な個性が詰まっている部分だろう。

|

« 自転車道整備、可能? | トップページ | 腕時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライディングポジション:

« 自転車道整備、可能? | トップページ | 腕時計 »